pickup
退職引き止めで残って後悔したあなたが絶対に退職できる方法二択!
  • 退職を引き止められて会社に残って後悔している
  • 引き止められて残るとどうなるか知りたい
  • 退職を引き止められて残ろうか迷っている
ばにら営業部長
こんな悩みにお答えします。

退職を願い出たら上司に執拗に引き止められて迷っている人や説得されて残った人はこの先どうなるか不安ですよね?

不安になる理由は一度退職を申し出れば周りの対応が変わり「辞めたい人間」だと言うことを認識されるからです。

退職を引き止められて残ってよかった人と失敗して再び辞める人がいますが圧倒的に多いのは失敗する人です。

この記事では退職を迷っている人や残ったけど辞めたいと後悔してる人が確実に辞めるための方法をご案内します。

この記事を書いた人
ばにら営業部長
私は8回転職してキャリアアップしました
  • 何度も引き止められましたが全て退職しました。
  • 迷ったこともありますが退職して正解でした。
  • 現在はキャリアアップして信頼を得ています。

記事の内容と読むメリット

  • 引き止めで残った場合にどうなるかわかる
  • 残った人が辞めたい場合の対処法がわかる
  • 退職できずに残った場合に退職代行で辞める方法がわかる

結論

残った場合は会社との間に溝ができます。この溝を埋めることができずに居づらくなるのが落ちです。その場合は退職代行で引き止められずに辞めることが最善の方法です。

時間がない方は下記「もくじ」のクリックで読みたいとこだけ読めます。

引き止められて残ったけど辞めたい場合に出来る退職方法

最初に結論から言いますが退職を引き止められて残った場合に退職をするには2択しかありません。

この2択は何を言われても無視して辞める強い退職意志を貫く事か誰にも会わずに引き止められることなく退職代行で確実に辞める方法です。

退職方法2択
  • 何を言われても無視して強い意志で退職する方法
  • 退職代行サービスで確実に退職する方法

一度引き止められている人は次も引き止められる可能性が大きいため確実に退職するには割り切っておかなければ退職することはできません。

あなたが何を言われても動じることなく退職を貫き通せるなら自分で再び退職することを伝えて引き止めに耐えて退職できます。

しかしその自信がなければ次は最初から退職代行サービスを使い一切引き止められることなく確実に退職することが最善の方法です。

この2択で退職できますがあなたにはどちらが有効か最後まで読んで自分を客観的に判断して決断をしましょう。

すぐにでも退職したい方は下記のリンクで退職方法の2択を詳しく解説している項へジャンプできます。

退職方法2択の詳細な方法を早く読みたい人はこちらをクリックすれば先に読むことができます。

退職を引き止められて残った場合の実情

引き止めで残った場合はこうなる

退職を引き止められて会社に残った場合は失敗したと感じる人が多いのが実情です。

退職させてもらえない場合にスッキリした気持ちで仕事を継続することはできませんよね。

引き止めで残った場合に以下のように失敗したと感じる人が多いのが実情です。

  • 上司の圧力に負けて残ってもずっと辞めたい気持ちは変わらない
  • 説得されて残ったけど本心では辞めたいから苦痛なだけ
  • 残った場合に周りの人とは少し距離ができるので居づらい
  • 無理に残ったが上司とは良い関係が維持できない
  • 一度退職の意思を示せば残っても会社に居づらいので辛い

退職するはずが出来ずに会社に残れば勇気を出して「退職を申し出た」あなたが損をする結果になります。

辞める気持ちがあるのに残ってしまえば心の中で自分の気持ちを押し殺して仕事をするしかありません。

当然仕事の効率も悪くなると思いませんか?だから引き止められて会社に残れば失敗と感じることが多いのです。

あなたが退職を引き止められてどうしても断れずに迷っている場合は下記の上手に断る方法を読んで断れる準備をしましょう。

退職引き止めの上手な断り方/上司から同僚まで13タイプを徹底解説!

退職引き止めで残る人の特徴

退職引き止めで上司の圧力や説得に屈して残ってしまう人には同じような特徴があります。

あなたが退職の意思を示せばよほど辞めさせたい人間でない限り会社側は引き止めようとします。

引き止めで残る人は下記のような特徴があります。

  • 日頃から優柔不断な性格
  • 何事に対しても曖昧な返事をする
  • 意思が弱く周りに左右されやすい
  • 自分で物事を決められない
  • 他人の話に流されやすい
  • 自分に自信がない
  • 何事もやる前から諦める

このように引き止められて会社に残る人には同じような特徴がありますが問題は退職する気持ちが本気なのかと言うことです。

本気で辞めたいのであれば何を言われようと辞めなければ何も解決しません。

どうしても上司に引き止められて気持ちが揺らぐ人は下記の記事を参考にすれば対処法がわかります。

やっぱり後悔する?退職引き止めで揺らぐ気持ちの原因と解決策

引き止めで残ってよかった人/後悔する人の違い

実際に退職を引き止められてよかったと言う人は少数です。なぜなら辞めたい人の待遇を改善し今まで以上にバックアップをすることはないからです。

よほどの実力があり会社の貢献度が高くどうしても辞めて欲しくない人材にしか待遇改善まではしません。

通常は人手不足だとか上司が見込みがあるので辞めて欲しくないなどが多く会社として絶対に辞められたら困る人は少ないからです。

会社はそう言う人に辞められたら困るので会社努力で改善してくれます。そんな人は残ってもよかったと思えます。

しかしそんな人は多くはありません。通常はいくら頑張っても会社の歯車の一部でしかありませんよね。

だから引き止められて後悔している人が多いのが現状です。

上司の待遇改善するなどの言葉は口約束でしかありません。

残った方が良い人

  • 会社が絶対に辞めて欲しくない人
  • どう考えても自分が辞めれば大きな損失が出る場合
  • 待遇改善も文書で取り決めてすぐに実施してもらえる場合

残れば後悔する人

  • 多くの社員と同じレベルの仕事をしている人
  • 仕事が嫌で辞めたい人
  • 人間関係が嫌になり辞めたい人
  • 別の仕事がしたくて辞めたい人
  • 次の就職先が決まっている人
  • 自分では実力があるつもりの人
  • 会社に将来性を感じない人

会社が絶対に辞めて欲しくない人材は必ず何としても引き止めます。上司だけでなくさらに上の上司も説得します。

しかし自分の現状を冷静に考えればそこまで必要な人材だと思いますか?

ここで勘違いして残ってしまえば失敗するのはあなたです。

自分が辞めれば会社が深刻な事態になる場合は自分でもわかるはずですよね。

こんな人は辞めない方が正解ですがほとんどの人間は辞めても会社に大きな損害など出ません。

退職をさせてもらえない場合にどのような引き止めがあるのかをまとめた記事を読めば引き止められる時の対策がわかります。

会社に残ったけどやっぱり辞めたい場合の対処法

引き止めで残って失敗したと感じること

多くの方が退職を申し出て引き止めにあっています。しかし引き止められて残った場合は気持ちは晴れていまし方が多いのが現状です。

また退職を引き止められて人手不足で困る会社であれば急に周りが優しくなる場合もあります。そうなればますます辞めにくくなります。

下記の引用はヤフー知恵袋で相談をされている方のものですがすぐに辞めることができずに何ヶ月も引っ張られています。

このように実際になかなか退職できずに数ヶ月も無駄な時間を過ごすことになれば先には進めませんし決して円満退職はできません。

引き止めで残って悩んでいる人

退職を伝え引き止められて残ってしまいました。 自分は会社を辞めたかったのですが、社長の圧に負けて残ってしまいました。 祖母の看病を理由にもう一度退職を言おうと思っていますが、前回の退職の伝えた時から3〜4ヵ月後に伝えたら、嘘だと言われたりして、また退職ができない気がします。

出典:知恵袋https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13238212958

退職相談で引き止められて悩んでいる人

退職について。 人間関係や仕事自体のストレスで3ヶ月前に退職を申し出ました。上司に言ってもよくある、どこ行っても同じだとか、君は必要な人間なんだと引き止められましたが、らちがあかないのでさらに上の上司に伝えてなんとか意思を伝えれました。 しかし、私の代わりができる人がおらず、残っている他の部署内の人間を困らせたいなら、すぐ辞めればいいが、なんとか年明けまで残ってもらえないだろうかと言われ、今までお世話になったのもあるので受け入れることにしました。 しかし、その後部署内の年配の方に、2人きりのときに、さらに退職時期を伸ばしてくれないかと言われて、同じように説得され、3月あたりまで伸ばすことにしました。 未だに私の後任の教育どころか、人もいれないため上司にこの前聞いてみたところ、まだ後任が見つからないということで、退職とばかり思わず、客観的にそれが正しいか考えてみろと言われました。 このままだと私の体も精神的にももたないので3月には有給を使い出して辞めたいのです… 辞める意思を伝えてからは周囲が優しくなりました…辞められたら困るからだと思いますが… まだ退職届は出していません。 調べてみて、届けを出して2週間でやめるという荒業もあるそうなのですが…お世話になった分もあり、それはしたくありません。 次の仕事は勤務の都合上、探せません。辞めて、有給消化中に見つけるつもりです。

出典:知恵袋https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13216259528

他にもたくさんありますが引き止められてしまえば自分の意思を押し殺して今までの仕事を続けるしかありません。

退職意思を示した後で周りが優しくなれば辞めにくくなりますよね。そうなれば退職を諦めざる終えなくなってしまいます。

引き止めで残って後悔!辞めたい時の対処法

退職を引き止められて会社に残ったけどやっぱり辞めとけばよかったと後悔している人は多いものです。

こんな時は色々と考えるよりも退職することが先決です。いくら考えても退職しない限り解決することはありません。

一度退職を引き止められて残った場合は次も説得すれば残る意思の弱い人だと思われて強引に引き止められる傾向にあります。

こんな人は何度も引き止められるものです。引き止められやすい人の特徴がわかる気持ちが揺らぐ人を解説した記事を読めば詳しくわかります。

残って後悔した人ができる唯一の対処法は退職することです。

でも一度引き止められて会社に残っているあなたは、次も説得されたら断れずに会社に残る可能性が高いと思いませんか?

ばにら営業部長
現在会社に残って後悔している人はまた引き止めで残る可能性が高い

退職できずに残ったあなたが再び辞める場合にできることは下記の2択です。

① 何を言われて引き止められても無視して辞める

② 会社に行かずに誰にも会うことなく辞める

どちらも会社の人間関係は終わってしまう可能性が高く退職後も会社の人には会いにくくなりますが退職したいならこの方法しかありません。

中途半端なことをすればまた引き止められ説得されて会社に残ることになりかねません。

①の何を言われても無視して辞めることは勇気が必要です。退職届を出して一切の引き止めも無視して退職することができますか?

ばにら営業部長
無視するのは返事をしないわけではありません。退職を貫くことです。

無視して自分の退職意思を貫いて会社を辞めることができればこの方法で辞めることはできます。

しかし上記の方法では辞めることができないのであれば②の誰にも会わずに退職する方法がベストな選択です。

ばにら営業部長
誰にも会うことがなければ引き止められることもなく退職することだけに集中できます。

誰にも会わずに辞めるとは退職代行サービスを使って退職すると言うことです。

ただ退職代行と言ってもどの業者を選べば良いかわからないと思います。下記のリンクでは100万ブログが徹底調査した人気ランキングをご紹介します。

100サイトを徹底調査!おすすめの退職代行サービスランキングTOP7

上記で解説した2択の退職方法を下記ではもう少し具体的に解説します。

残ったあなたが確実に退職する方法2択

全ての引き止めを無視して退職する方法

残って失敗したと感じたらすぐに行動を起こすことが確実に辞めるための第一歩です。

最大の問題はあなたが上司に退職を伝えて引き止められた場合に何を言われても耐えて退職の意志を貫けるかと言うことです。

上司や周りから何を言われても退職する心構え

  • 退職届をすぐに上司に提出する
  • 引き止められることを想定しておく
  • 何を言われようとも退職する気持ちを貫く
  • 一度引き止められていることを肝に銘じておく
  • どんな引き止めも断る勇気を持って対応する

再び退職届を上司に提出してしばらくの間、引き止められることに耐えながら上記の心構えで勤務できるならあなたは退職できます。

ばにら営業部長
引き止めの圧力に耐えることができるかどうかは自分自身が1番わかるはずです。

下記の記事では会社を辞めるためになぜ辞めるのかを明確にして退職意志をはっきりする方法と自分には無理だと思った場合にどうするのかを解説しています。

休み明けに仕事を辞めたい理由!解決策は辞めること!3つの退職方法を徹底解説!

もし退職の引き止めに耐えることができそうでなければ最初から自分で退職せずに退職代行サービスでキッパリと辞めることがおすすめです。

一昔前ななら退職代行で辞めるのはクズ人間だと言われていましたが現在では退職方法の一部です。辞めることができなければ利用することは退職方法として当たり前のことです。

下記の項目ではもう一つの退職方法である退職代行サービスを使った退職の方法を詳しく解説します。

退職代行を利用して辞める方法/退職代行はクズではない!

自分で退職するのが無理だと判断したら退職代行サービスで退職することが確実に辞める方法です。

ばにら営業部長
退職代行で辞める方法は退職代行サービスに相談して理解した上で料金を支払って退職を実行して貰えば完了です
  1. 退職代行サービスを選ぶ
  2. 選んだ業者に連絡して相談する
  3. 内容を理解した上で料金を支払う
  4. 退職を実行してもらう
  5. 無事退職して必要書類など会社に送付

退職代行業者を選ぶと言ってもどこを選べば良いかわからないと思います。そんな方は下記の記事で詳しく退職代行サービスランキングを解説していますのでどうぞ。

100サイトを徹底調査!おすすめの退職代行サービスランキングTOP7

退職の引き止めに負けて残ってしまうのであれば無駄なプライドは捨てて最初から退職代行サービスで辞める方が得策です。

なぜなら退職引き止めの無駄な悩みを抱えることなくスムーズに辞めることができるからです。

ばにら営業部長
本気で会社を辞めたいなら無駄に悩むよりも退職の専門家に依頼してスパッと辞めることがお互いのためです。

退職代行サービスで退職する場合に抵抗がある人も多いと思います。一昔前ではクズ扱いされて絶対にそんな退職はないと考える人も多かったのも事実です。

しかし現在では退職代行は退職するための方法として認知されて一般的になってきているのも事実です。

そこで気になるのが退職代行で退職した場合のメリットとデメリットです。

退職代行で辞めるメリットとデメリット

どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかを先に知っておくことで不安も解消できます。

退職代行で辞めるメリット
  • 会社に行かずに誰にも会わなくても退職できる
  • 上司の圧力に圧倒されることもなく確実に退職できる
  • 周りのあらゆる引き止めで悩むことなく退職できる
  • 居づらかった職場に行かずに退職できる
  • 1番のメリットは確実に退職して次に進めること

退職代行で辞めるメリットは引き止めで無駄な時間や悩みを持つことなく確実に退職できることが最大のメリットですよね。

退職代行で辞めるデメリット
  • 現在の会社での人間関係が確実に壊れてしまう。
  • 会社の人から裏切り者扱いされる可能性がある
  • 会社の人間とどこかで会った時に気まずくなる
  • 強制的に辞めるため世話になった人を裏切ることになる
  • 退職代行で辞めたことが周りにバレる

退職代行で辞める場合のデメリットもあります。1番大きなデメリットは今まで築いてきた会社の人間関係が終わることです。

自分が会社を辞めても今後付き合いをしたいのであれば退職代行で辞めずに自分できちんと辞めることで人間関係は維持できます。

ばにら営業部長
しかし退職して今までの人間関係を維持する必要がなければデメリットではありません。

何度も転職をした管理人は退職した会社の人でずっと付き合いのある人はごく僅かです。唯一心が痛むのは世話になった人を裏切ることです。

しかし裏切ることを躊躇して自分を犠牲にするか現在の関係をリセットして新しい挑戦をするかはあなた次第です。

ここで退職代行で辞めるとどうなるのかと言うことを解説した動画があるので真剣に退職したい方はご覧ください。

下記の動画は退職代行人気ランキング1位の退職代行SARABAと言う労働組合で退職した場合の内容です。

出典:メシのタネ

この動画のように退職できずに悩んでいる人や残って失敗したと感じ悩んでいる人が退職をする場合の流れが理解できたと思います。

この動画で登場した退職代行SARABAは労働組合が運営する人気の退職代行サービスです。料金も比較的安く労働組合が運営しているため交渉も可能です。

現在退職できずに悩んでいる方は公式ホームページで詳しく解説しているので下記のリンクでご覧ください。

退職代行SARABAの公式ホームページはこちら

さらに実際に退職代行を使って退職した人が退職前の心境と対処後の心境を動画で語っていますのでそちらも参考にどうぞ。

こちらは同じ労働組合の退職代行JOBSと言う業者で退職をした人が動画で詳しく感想を語っています。

退職代行を使う前の心境

出典:福岡フリーランスエンジニアえのき

退職後の心境と退職代行業者にインタビュー

出典:福岡フリーランスエンジニアえのき

退職の実行前の緊張感と実行後の開放感が伝わってきますね。

このかたが退職代行で依頼していた退職代行JOBSの公式ホームページを下記にリンクしていますのでもっと詳しく知りたい方はご覧ください。

退職代行JOBS公式ホームページはこちら

退職を引き止められて残った人は再び辞める時にも引き止められてしまう可能性が高いため確実に退職をするなら退職代行サービスで辞めることがおすすめです。

まとめ

退職引き止めで残った場合に再び仕事を辞めたい場合に退職するには2択の退職方法があります。

  1. 必ず辞めると言う強い意志でずべて無視して退職する方法
  2. 最初から退職代行で誰にも会わずに確実に退職する方法

引き止めで残った場合の実情は下記のようなものです。

  • 上司の圧力に負けて残ってもずっと辞めたい気持ちは変わらない
  • 説得されて残ったけど本心では辞めたいから苦痛なだけ
  • 残った場合に周りの人とは少し距離ができるので居づらい
  • 無理に残ったが上司とは良い関係が維持できない
  • 一度退職の意思を示せば残っても会社に居づらいので辛い

会社に残ってもいづらくなり結局は退職することになる人が多いものです。

引き止められて残る人の特徴とは下記のようなものです。

  • 日頃から優柔不断な性格
  • 何事に対しても曖昧な返事をする
  • 意思が弱く周りに左右されやすい
  • 自分で物事を決められない
  • 他人の話に流されやすい
  • 自分に自信がない
  • 何事もやる前から諦める

引き止めで残る人には同じような特徴があるため次に退職したいときにもやはり引き止められる可能性が大きくなります。

会社に残ってよかった人と後悔する人の違いとは下記のようなものです。

残った方が良い人

  • 会社が絶対に辞めて欲しくない人
  • どう考えても自分が辞めれば大きな損失が出る場合
  • 待遇改善も文書で取り決めてすぐに実施してもらえる場合

残れば後悔する人

  • 多くの社員と同じレベルの仕事をしている人
  • 仕事が嫌で辞めたい人
  • 人間関係が嫌になり辞めたい人
  • 別の仕事がしたくて辞めたい人
  • 次の就職先が決まっている人
  • 自分では実力があるつもりの人
  • 会社に将来性を感じない人

最終的な結論として引き止めで残った場合は会社に居ずらくなるのが落ちです。だから中途半端に残って燻るくらいならすぐに退職することが唯一の方法です。

退職するには自分で決めて何を言われても全て無視して必ず退職するか退職代行に依頼して確実に退職するかの2択しかありません。

確実に退職する意志を貫いて辞めることができるならすぐにでも退職届を出しましょう。

しかし現在引き止められて残っている人は次こそ退職するという強い意志で退職するのは難しいのではないですか?

それであれば中途半端なことをせずに最初から退職代行サービスを使って確実に退職することが唯一の方法です。

確実にやめて早く新しい世界に進むことで未来がひらけます。

下記で退職代行サービスの人気のトップ3をご紹介します。今すぐ退職したい方はこのトップ3で間違いなく退職を実行しましょう。

ランキング1位は労働組合のSARABAです。

退職代行SARABA公式HP

ランキング2位は業界1歴史のあるニコイチです。

退職代行サービス「退職代行ニコイチ」公式HP

ランキング3位は労働組合のJobsです。

退職代行Jobs公式HP

それぞれに特徴がありますのでもっと詳しく知りたい方は下記の記事で詳しく記載していますのでどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事