pickup
仕事を休む電話をするのが怖い!弱気なあなたも出来る電話の掛け方!

  • 勤務先に急に休む電話をするのが怖い
  • なかなか休めない会社だから電話しにくい
  • 上司が嫌で休みの電話をするのが怖い

ばにら営業部長
こんな悩みにお答えします

急に会社を休みたい時に電話するのが怖いのには理由があります。

  • 上司が怖くて電話しづらい
  • 会社の雰囲気が休みづらい
  • 個人的理由で休むのが後ろめたい
  • ズル休みだから罪悪感で電話しづらい

こんな理由で電話をすることを躊躇してしまいますよね。

でもどんな理由であれ休む場合は連絡することが常識です。

管理人も昔の上司が仕事を休むなと言うタイプの人で休みづらく約500日くらい休めませんでした。

当然現実的には無理なのでどこかでサボりますよね。

それだけ休みたい時には休むことが重要なのです。

ばにら営業部長
20年以上試行錯誤してきました

・8回転職して休みにくい会社が多かったのは事実です。

・20年以上休みにくい会社で試行錯誤してきた方法をご紹介

・電話は自分の心構え次第

この記事の内容は以下の通りです。

  • 仕事を休む場合の電話の掛け方を徹底解説
  • 電話する勇気がない時の解決策

この記事を読むメリット

  • 休むための電話ができる
  • 電話することでリフレッシュできる
  • 明日から頑張って仕事に行ける

タイプ別/仕事を休むスムーズな電話の掛け方

体調が良くない場合の電話の仕方

仕事を急に休めば他の人に負担がかかります。

特に連携して仕事をする場合は迷惑がかかりますよね。

でも自分にとって重要なことで休む場合は仕方がないことです。

  • 体調が悪く仕事どころではない
  • 子供の体調不良
  • どうしても会社に行く気になれない(この場合は仮病)

あげればキリがありませんが仕事を急に休む場合にはそれぞれの事情があります。

どうしても会社に行きたくない場合はこちらの記事を先に読んでください。

内容によっては電話することに躊躇する必要もありません。

例えば身内の不幸ごとなどは誰も文句は言いませんよね。

でも体調が悪い、子供の体調不良などは必ず「それくらいで休むな」と言う人が存在します。

そんな人は自分に負担がかかるから言うのです。

そう言う人は自分が同じ立場になれば休みます。

だから休むことを悩む必要はありません。

基本的にこのような時の電話の仕方は下記の通りです。

体調不良や行く気になれない時の電話対応

あなた
すみません。体調が悪く今日はお休みさせていただきます。
上司
どう悪いの?どうしても来れないの?
あなた
申し訳ありません。急な腹痛で具合が良くなりません。
上司
じゃあ腹痛が良くなったら来なさい
あなた
ありがとうございます。しかしウイルスが原因の場合は迷惑をかけるため今日はお休みします。
上司
そうか。じゃあ待ってるから気をつけて
あなた
はい。ありがとうございます。今日はお疲れ様でした。

本当に体調が悪い時は真実を述べて堂々と休みましょう。

そうでない時は上記の電話内容を参考にしてください

この電話の内容で休むことはできます。

一見すると普通の電話のやりとりに聞こえますがポイントがあります。

ポイントは上司が最後まで仕事に来いとプレッシャーをかけていることです。

上司は待っているから気をつけてと言っていますよね。

これは腹痛なら午前中休めば午後からは来れるだろうと言っているのと同じです。

そこであなたのポイントは上司の気遣いに「ありがとうございます」と感謝しつつ絶対に休むと言うことを示唆することです。

あなたの重要な言葉は「休みをください」と言わずに「休みます」とキッパリ伝えることです。

そして電話を切るときに「今日はお疲れ様でした」と言うところです。

この「今日は」と言うことは今日は行かないと宣言しているのと同じです。

この電話の内容は今日は絶対に休むと言うことをスムーズに伝えています。

上記の電話の掛け方は体調が悪い時のものを例にしましたが他も基本的には同じです。

言葉を変えるだけで使えます。

子供の体調不良の場合

電話の内容は同じですが自分の体調を子供の体調に置き換えるだけです。

子供の場合は頻繁に休むことも多いものです。

子供はいつ体調が悪くなるかわかりません。

子供のことで休むことが多い場合は気を使いますよね。

特に子供が小さい場合は誰かが必ず面倒を見る必要があるので頻繁に休むと迷惑をかけます。

そのためキッパリと感謝を述べつつ休む宣言をする必要があります。

本当に会社に行きたくない場合の電話の仕方

上司によって休みにくい会社も多いものです。

とにかく休むな!働け!と言うタイプの上司やネチネチと説教ばかりする上司もいます。

人員がギリの会社なら急に休むことを拒絶する上司もいます。

休む以前に上司が嫌なことが原因で休みたい場合は下記の記事を先に読んでください。

嫌な上司をスルーできる!ネガティブなあなたも実践可能な11の対処法!

上司に電話するのが嫌な場合の電話の掛け方は下記の通りです。

休ませようとしない上司との電話対応

あなた
お疲れ様です。本日は体調がすぐれないのでお休みします。
上司
どこが悪いんだ?
あなた
はい。胃がキリキリ痛みとても行けそうにありません。
上司
それは病院にすぐに行きなさい。それから会社に出社すればいい。
あなた
はい、ありがとうございます。しかし動けそうにないので落ち着いたら病院に行ってみます。
上司
できればすぐに病院行って薬もらって出社して欲しいんだけど。診断書を持参してね。
あなた
丁寧なご指示ありがとうございます。すみません吐き気で嘔吐しそうなため失礼します。落ち着けば病院に行ってみますが今日はお休みします。
上司
わかった診断書を持参しなさい。

本当に体調が悪い場合は事実を述べて堂々と休みましょう。

そうでない時は上記の電話内容を参考にしてください

この電話のポイントは「休みます」と宣言することです。

出社を促すしつこい上司に「さりげない嫌味を言っていることも重要です」

上司に対するさりげない嫌味とは「胃がキリキリする。吐き気がある。」と言う言葉です。

この言葉の裏には「あなたが原因で胃がキリキリするんですよ」と言う本心があるため真実味が増します。

もう一つの「吐き気がある」はしつこい出社要請に吐き気がするんです。と言う本心を織り交ぜて言うことで話を次に繋げないようにしています。

上司は疑いの目で見ているため「病院の診断証明を持参すること」を強要していますが「病院に行く」とは言っては行けません。

落ち着けば病院に行ってみます。くらいの曖昧な返事にとどめておくことで次の日に「なぜ診断書を持ってこないのか?」と言われた場合の逃げ道を作っておくことが重要です。

ズル休みの罪悪感から電話しづらい場合の電話の仕方

勤務先全体が人員が足りずに休むな的な雰囲気の場合は急な休みは取りにくいですよね。

特に連携して仕事をする職種の場合は自分が急に休むことで迷惑がかかることが予想できます。

でも自分にとって重要な用事があれば急でも休み必要があります。

特に休む理由が「後ろめたい理由」の場合は電話するのが怖いと言う人もいます。

悪く言うならズル休みとも言いますよね。

例えば以下のような理由だと休むと言いにくいですよね。

  • 彼氏/彼女の体調がすぐれず介抱する場合
  • 好きなゲームなど休んでも買いたいものがある
  • 仕事に行きたくない

こんな理由だと人には言いにくいですよね。

それくらいで休むなと思われることが必須です。

でもあなたにとっては重要なことですよね。

堂々とこんな理由で休むと言えば問題ありませんが言えない場合は下記の内容で電話するしかありません。

こんな時の電話の掛け方は以下の通りです。

ズル休みで病欠と言いづらい場合の電話対応

あなた
急で申し訳ありませんが本日お休みします。
上司
どうした急に?大丈夫かね?
あなた
どうしても外せない事ができてしまいましたのでお休みします。
上司
なんだね急な用事とは何とか出社できないかね?
あなた
はい身内ごとなので言えませんが今日休まなければならなくなり申し訳ございません。
上司
そんなに大事な事なら相談しなさい。どうしたのかね?何があったのかね?
あなた
ご心配ありがとうございます。しかし個人情報の関係もあるので身内のことでも言えません。今日休めば解決します。明日は通常通り出社します。お疲れ様でした。
上司
そ、そうかね、わかった。じゃあまた明日。

人材がギリで休めない場合に休むときは仮病だと言いづらいものです。

そんな時は自分にとっては重要な休みであることをはっきり伝えましょう。

職場に電話する勇気がない時の解決法

どうしても電話する勇気がなければ電話しない

電話が怖くてできない場合にどうすれば電話でスムーズに休みを伝える事ができるのか解説しました。

しかしそれでも電話することができない場合の解決法は以下の通りです。

  • メールで休みを伝える
  • LINEで休みを伝える
  • 妻/旦那または親に電話してもらう

どうしても自分で電話する事ができない場合はこの方法で解決できます。

基本的に休む場合は上司に電話する事が常識です。

しかし上司が怖くて電話できない場合は最後の方法として電話以外の方法を使います。

この方法にはメリットとデメリットがあります。

メリットは直接話す事がないため少しの勇気で連絡できる

デメリットは出社したらなぜ電話しなかったのか怒られる可能性がある

以上のメリットとデメリットがあります。

しかし電話もしないで無断欠勤をするよりはマシですよね。

無断欠勤なら一切の連絡をしないわけですから連絡をするだけマシです。

ちなみに無断欠勤しそうな人や無断欠勤してしまっている人は先に下記リンクを読んでください。

無断欠勤で会社に電話するのが怖い人は3つの方法で解決できる!

電話する事ができない時は下記の方法でも大丈夫

  • メールで休みを伝える
  • LINEで休みを伝える
  • 妻/旦那または親に電話してもらう

電話もメールもできなければ転職も考える

今まで仕事を休む電話をする事が怖い方に解説してきました。

しかし電話する事が怖いと言うより会社に行きたくないことが本当の原因だと気が付いた人には転職も考える必要があります。

これは会社を休む原因の根本が会社を休みたいのではなく辞めたいと言う本心がある場合です。

なぜ会社を休む必要があるのか?

急用や病気が原因であれば休むための電話もそこまでは苦にならないはず。

休みの電話をするのが怖いのは会社が嫌だったり上司が嫌だったりと勤務先に行きたくない事情がある場合です。

仕事に行きたくない気持ちがあり休みの電話をすれば何て言えば良いのか分からず電話するのが怖くなります。

そんな人は無理に勤務せずに仕事を辞めることも選択枝の一つになります。

ただ職場をいきなり辞めるのは良い選択ではありません。

やめて転職する場合はじっくり計画的にやめるべきです。

管理人も過去に転職を何度もしましたが失敗もしました。その時のレビューは下記のリンクからどうぞ。

仕事辞めても後悔しないで転職する方法「転職失敗談もレビュー!」

転職は計画的にすることで次の職場では苦しまなくても済むかもしれません。

転職を考えるならマイナビエージェントで計画的に!

転職活動を十分にしてからであれば転職成功も視野に入ります。

転職の見込みができてから会社を辞めるのが理想的です。

しかしどうしてもすぐに辞めたいくらい追い詰められていればすぐに辞めることも必要です。

辞めさせてもらえないなど辞めることも簡単でなければ退職代行でキッパリ辞めることもできます。

退職代行ならJobsで決まり!サイトへはこちらからどうぞ。

まとめ

仕事を休む電話をするのが怖い場合に必要なことは自分自身がどうしたいのかです。

事情があり休む場合は電話することに抵抗は少ないです。

仕事に行きたくない気持ちがあれば電話することに抵抗があります。

そして電話するのが怖いと感じる最大のキモは上司です。

電話しやすいのも、怖くて電話するのが嫌になるのも上司次第です。

しかし上司に連絡するのは常識なので最大限の頑張りが必要です。

上司に電話するポイントは以下の通りです。

  • 休みますとはっきりと宣言する
  • 休む原因を追求されても逃げ道を作っておく
  • 出社を促されてもうまくかわして休む

ここで重要なことは「休みたいのですが」や「お休みさせてください」などの上司への「お伺い」ではダメだと言うことです。

電話で必ず言うことは「休みます」と休むことを宣言することです。

宣言することで確実に休める状態を維持できます。

休むことで明日はスッキリした気持ちで出社できるようになります。

休む電話もできないくらいに疲弊している場合はメールやLINEでも構いません。

上司によってはなぜ電話しなかったのかと怒る人もいますが連絡なしよりはマシです。

そもそも休みの電話が怖い人の中には休みたいのではなく辞めたい人もいます。

本心では辞めたい気持ちがあれば転職することが解決策になります。

電話する前は怖くてしかたなくても電話してしまえば思ったよりも何でもなかったと思うこともあります。

まずは自分の気持ちを整理して電話してみましょう。

転職を考えるなら転職エージェントのDodaで考えてみろう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事