pickup
無断欠勤で会社に電話するのが怖い人は3つの方法で解決できる!
ばにら営業部長
今回は無断欠勤した人が怖くて会社に電話できない時の解決策を紹介するよ!

この記事を見ているあなたは無断欠勤をしてしまって悩んでいるのですね。

無断欠勤は他の人に迷惑だと頭ではわかっています。

この記事を見ているあなたは無断欠勤した罪悪感を感じてどうにかしたいと思っていますよね。

でも色んな事情があり無断欠勤しているのではないでしょうか?

ただ単に会社に行きたくなくて連絡もせず無断欠勤している場合もあります。

しかし無断欠勤は何らかの理由で勤務先に電話をしたくないから無断で休んでしまっている状態です。

なぜ無断欠勤したのかを考えて今の状態を解決するには自分で行動するしかありません。

結論から言えば色んな理由で無断欠勤してしまい対処方法がわからない人に3つの解決策をご案内します。

また無断欠勤したことでどのような迷惑をかけてしまっているのかを実例でご紹介します。

無断欠勤したからと言って今日で全てが終わるわけではありません。

管理人も過去に転職8回、数時間遅刻の常習者だったことで無断欠勤してしまった事もあります。

全てポジティブに考えて切り抜けて解決してきたことで今があります。

本記事を読んで無断欠勤で悩んでいる事が早く解決できるようにわかりやすく解説しますので最後までご覧ください。

この記事でわかる事

  • 無断欠勤して電話できない時の対処方法
  • 無断欠勤した本当の原因
  • 原因別の無断欠勤した対処方法
  • 無断欠勤のメリットデメリット
  • 無断欠勤の実例

無断欠勤は良くない事ですが会社に電話出来ない理由もありますよね。

無断欠勤した事実は変わらないためこれからどう対処するかを真剣に考えて行動するしかありません。

無断欠勤した場合の原因別の3つの対処法

最初に結論から言えば仕事を無断欠勤した場合の対処法は3つあります。

  • 1つ目は無断欠勤したけど会社を辞めたくない場合の対処法
  • 2つ目は朝が苦手で起きれず無断欠勤した場合の対処法
  • 3つ目は会社を辞めたくて無断欠勤した場合の対処法

無断欠勤した理由によって対処方法が変わってきます。

それぞれの対処法を解説します。

無断欠勤したけど会社は辞めない場合の対処法

無断欠勤をしてしまったけど明日からも仕事に行くつもりなら今すぐ会社に電話しましょう。

すでに始業時間が始まって数時間が経過していれば電話するのが怖いと思います。

何と言って電話すれば良いのかわかりませんよね。

でも無断欠勤をした事実は変わりません。

仕事を辞めるような無断欠勤でなければ傷口は浅い方が良いので今すぐ電話しましょう。

ばにら営業部長
無断欠勤したらすぐに電話して謝罪するだけ!

無断欠勤は電話をするのが怖いと思います。

でも当事者はあなたです。自分のことは自分でしか解決できません。

仕事を辞めない場合は無断欠勤の連絡は早い方が良いです。

最良な方法は上司に電話して誠心誠意謝ることです。

上司に電話するポイント

  • 過去最も怒られた事をイメージをする
  • 怒られる事を想定して電話する
  • なぜ無断欠勤したのか素直に話す

上司に電話するのが無理なら同僚に電話して無断欠勤した理由を伝えましょう。

同僚からそれとなく伝えてもらえればあとで上司に話しやすくなります。

同僚にも電話する事ができないならメールやLINEでも構いません。

まずは無断欠勤して周りに迷惑をかけたことを謝罪しましょう。

明日から仕事に復帰したいなら無断欠勤で迷惑をかけたことを素直に謝罪すれば多少怒られても理解はしてもらえます。

そのためには電話して無断欠勤したことを謝罪しておかなければ先には進めません。

上司に電話できない場合の<strong>ポイント</strong>

  • 上司に電話できないなら同僚に電話する
  • 上司が怖くて同僚に理由を伝える
  • 電話できない時はメール、LINEでも良いので連絡はする

上記のどちらかの対応をしておくことで次の日に会社に行ってからの周りの反応は違います。

ばにら営業部長
まずは無断欠勤を謝ろう

明日から会社に行くのであれば無断欠勤した理由を伝えて謝罪しておくことで出社時の対応が変わります。

出社したときに再度上司や同僚には謝罪すれば通常通り仕事できます。

意図しない無断欠勤の場合の対処法

意図しない無断欠勤もあります。事件事故に巻き込まれた場合や爆睡していて起きたら昼過ぎだった場合も含まれます。

事件、事故の場合は完全な不可抗力のため無断欠勤でも仕方ない場合もあります。

本人ではなく家族が事故などにあっても気が動転して連絡する事を忘れて無断欠勤する場合も考えられます。

ここで問題は朝起きる事ができず目が覚めたら昼過ぎだった場合です。

ばにら営業部長
半端ない寝坊は無断欠勤と同じ

爆睡していたら始業時間も気が付かない間に無断欠勤してしまいます。

これも不可抗力ですが回避可能な問題です。

回避可能な場合は無断欠勤した謝罪が1番最初に必要です。

目が覚めた時間が遅刻レベルではない場合は無断欠勤と同じ状態ですからすぐに会社に電話して謝罪しましょう。

素直に起きれなかったことを伝えてすぐに準備して出社する旨を伝えて準備すれば大丈夫です。

寝坊で無断欠勤した場合のポイント

  • 目覚めたらすぐに電話して謝罪する
  • 超特急で出社準備をする
  • 心構えのために怒られる想定をしておく

無断欠勤した理由が仕事を辞めたい場合の対処法

仕事を辞めるつもりであれば対処法は違います。

ブラック企業や人間関係が原因で会社に行けず無断欠勤するのは身を守るために仕事に行かない選択枝でもあります。

ばにら営業部長
仕事を辞めるにしても無断欠勤はよくないこと

しかし無断欠勤は周りの人に迷惑をかけることには変わりません。

あなたの代わりに仕事が増える人が必ずいます。

そんな状況も考える必要がありますよね。

人間関係や上司のパワハラが怖くて仕事に行けず電話するのも怖い場合は無断欠勤してしまうのは仕方のないことです。

そんな状態なら逆に仕事に行かない方が良いかもしれません。

でも無断欠勤は周りに迷惑がかかるということは考えておく必要があります。

無断欠勤するのであれば思い切って仕事を辞めた方がスッキリします。

無断欠勤するくらい会社に行くのが嫌な場合は退職代行業者に頼むのもありです。

退職代行はこちらから確認できます。

会社のためを思って仕事をすることはありません。

自分のために一生懸命仕事すれば会社のためにもなるのです。

どうしても仕事を辞めたい気持ちが強ければすぐに辞めましょう。

そんな気持ちでいくら頑張っても良いことはありません。むしろ心の病になってしまいます。

自分の人生は自分で決める事ができるのですから会社を辞めることも自分で決めれば良いのです。

ばにら営業部長
仕事辞めたいなら無断欠勤よりもいますぐ退職するべき

無断欠勤するくらいなら退職代行に依頼して退職した方が気持ちがスッキリします。

簡単に辞めさせてくれない会社なら尚更、退職代行に頼んで早く縁を切りましょう。

早く会社を辞めて新しい会社を探しましょう。

会社を辞める場合のポイント

  • 会社に行くのが辛い場合は無断欠勤ではなく辞める選択をする
  • 無断欠勤の電話ができない場合は退職代行に依頼して辞める
  • 辞める場合でも無断欠勤は迷惑をかける事を理解しておく

会社を辞める場合は無断欠勤ではなく辞める選択をしてはっきりさせる事が必要です。

無断欠勤が続きダラダラ時間が経過して仕舞えば良いことはありません。

退職代行はこちらから確認できます。

無断欠勤のメリットとデメリットも理解しておくことでヒントになります。

無断欠勤のメリットとデメリット

会社を辞めるのに無断欠勤するメリット

会社を無断欠勤して得られるメリットは会社がブラック企業で体調が悪くて休む連絡をしても休ませてもらえないような会社の場合は無断欠勤もあなたのメリットになります。

なぜならそんな会社で社畜として働いて休みも許されずに過労死したらもともこもないですよね。

そんな会社であれば無断欠勤もメリットになる場合もあります。

ばにら営業部長
無断欠勤はデメリットが圧倒的に多いよ

会社を辞めるのに無断欠勤するデメリット

会社を無断欠勤する場合はデメリットの方が圧倒的に多くなります。

なぜならあなたが逆の立場だったらどうするか考えてみてください。

あなたが会社の社長、上司だった場合に社員が連絡もせずに休んだら心配しますよね。

どうかしたのではないか?何か事故か事件に巻き込まれたんではないのか?など心配します。

無断欠勤のデメリットをまとめたのでこちらを確認するとわかりやすいです。

  • 会社から何度も電話がかかってくる
  • 電話に出ない場合は身内にも連絡が入る場合あり
  • 逆に全く電話がないとショックを受けることもあり
  • 無断欠勤が続くと信用がなくなる
  • 2週間以上無断欠勤が続くと解雇になる可能性がある
  • 給料が手渡しの場合はもらえない
  • 解雇理由が懲戒解雇の場合は退職金もなくなる場合あり
  • 懲戒解雇された場合は再就職に悪影響があり
  • 再就職で退職証明書を求められたら解雇がバレる可能性あり
  • 無断欠勤で周りに迷惑がかかり同僚からも嫌われる

会社が嫌で辞めたい場合は無断欠勤ではなく退職届を提出して辞める事をおすすめします。

きちんとした手続きをしなければあなた自身が損をしてしまう結果になります。

例えブラック企業であっても常識的なことはする必要があります。

無断欠勤したら迷惑がかかる(Twitter民の声)

https://twitter.com/58ATsOrVBSf8gSD/status/1305120242478112768?s=20

https://twitter.com/doumorimitha/status/1305697327038910464?s=20

https://twitter.com/oUeULWq3Xz5Oo8W/status/1305444712287932417?s=20

会社を無断欠勤してしまった場合の実例

遠い昔に管理人も起床したら6時だったのでいつもより早起きしたと思ってゆっくり準備したら夕方の6時だったときに初めて無断欠勤をしました。

もう1つは超ブラック企業に勤務した時は皆「お隠れ」という方法で夜逃げするように会社を辞めていたため管理人も例に漏れずに「お隠れ」しました。

しかし「お隠れ」とは単なる無断欠勤でそのまま辞める行為です。

こんなことは非常識だったと思います。

後に管理人が体験した会社側の対応を紹介しますので無断欠勤がどのように思われているのかを理解しておきましょう。

会社を無断欠勤して最終的に辞めた人を2人紹介します。

これは管理人が実際に体験した会社側の対応を記事にしています。

無断欠勤を繰り返すAさん

まず1人目は40代で家庭もある会社員ですがこの人はもともと良く休んでいました。

この人をAさんとしてお話しします。

Aさんの特徴

  • Aさんは休み明けに体調不良が原因の休む連絡あり
  • 休んだ次の日も休む習慣あり
  • 2日目以降は連絡なしの無断欠勤
  • 一度休むと無断欠勤が3日以上続く

最初の休みは連絡が入るのですが2日目、3日目は電話もなく完璧に無断欠勤状態でした。

仕方なく会社の上司が電話をすれば体調不良とのことで連絡はついていました。

そんな状態がたまにあり会社的には困り仕事の予定も狂ってしまいます。

しかしその状態がたまにあると言うことが年に数回あるため他の人からは迷惑だと言われていました。

それでも何年もその状態は改善せず休みが来れば休み明けに休むんじゃないかとみんなに思われて仕事の段取りもその人がいないものとして組まれるようになっていました。

そのような状況が数年続いたある日事件は起きました。

今までは無断欠勤で数日休んでも会社には何食わぬ顔で出社していたA さんですがその日から会社にくることはありませんでした。

もう誰も連絡さえしません。居ないものとして扱われていました。

しかし1ヶ月近くたった頃に上司が連絡をとり、辞めるかどうするかはっきりするように電話していました。

これ以上は解雇になるかもってところでやっと本人が退職届を持ってきました。

当然みんなからは白い目でみられて会社にはいづらい状態だったと思います。

しかし仕方ありませんよね。みんなに迷惑をかけて休みが取れなくなった後輩もいました。

最終的には自主退職になったようですが1番の問題は周りに迷惑がかかることです。

自分のことだけではなく周りに迷惑がかかると言うことを考えていなかったのです。

Aさん1人が無断欠勤をし続けたことでみんなに迷惑がかかり最後は誰からも相手にされなくなりました。

これからどこかで会うこともあるかもしれません。そんな時は顔を合わせづらいですよね。

無断欠勤を繰り返すBさん

Aさんに続きBさんも同じように会社を休んでいました。

しかしBさんは休む連絡はしていました。最初の方は。

なぜならAさんが皆から白い目でみられていることを知っていたからです。

でもBさんも最終的にはAさんと同じように会社を辞めました。

どのような状況かと言えばやはり休み明けに会社にこなくなると言うパターンです。

このパターンは皆慣れていたため、「またか」と言う感じです。

しかしBさんはAさんのことを「すぐに休むから迷惑だ」といっておきながら自分も同じようなことをしていたのです。

結局Bさんも数日間ズル休み状態で無断欠勤です。

上司の電話にはでないため他の人が電話していましたが電話には出ません。

LINEでどうするのか送っていたら返事はきました。

明日は必ず出社しますとのことで上司に伝えていましたが次の日も連絡なく無断欠勤です。

最終的にBさんも自主退職をしました。

ただ会社にくるのにかなり勇気がいったようで約束の日になかなかこなくて上司がいないときに退職届だけ持ってきてすぐに帰ってしまいました。

このBさんの無断欠勤は管理人の部署の人なので直接的に影響がありかなり迷惑でした。

最終的に2人とも解雇にはならず自主退職となりましたが、会社によっては解雇レベルです。

それも無断欠勤が多く通常の会社なら信じられない状態です。

しかし自主退職になったからよしとするのではなく、かなり周りに迷惑をかけてしまうことを考えなければなりません。

こんな辞め方しても周りも本人も後味が悪いですよね。1番失うものは信用です。

信用を失えば簡単には元に戻れません。だから無断欠勤はしない方が良いと言えます。

まとめ

会社を辞めたくて無断欠勤をしたら信頼を失うのはあなた自身です。

今は良いかもしれませんがいずれ信用を失ったことの影響が出てくるかもしれません。

将来自分が何かする時に、あの人はこんなに信用がない人だと噂が広まることもあります。

だから無断欠勤をして会社を辞めても何も良いことはありません。

会社が超すごいブラック企業で辞めさせてもらえないような場合を除き、通常はきちんと話して退職届を提出して辞めることをお勧めします。

無断欠勤した場合に会社に電話するのが怖いと思う場合には3つの方法で解決できます。

無断欠勤した場合の解決方法3つ

  • 1つ目は無断欠勤したけど会社を辞めたくない場合の対処法
  • 2つ目は朝が苦手で起きれず無断欠勤した場合の対処法
  • 3つ目は会社を辞めたくて無断欠勤した場合の対処法

どうしても辞めれない場合は今は退職代行サービスもあります。

自分では会社にいくことさえ無理であれば退職代行サービスをお勧めします。会社はきちんと辞めましょう。

退職代行はこちらから確認できます。

自分の将来は自分で決めるべきです。頑張りましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事