pickup
仕事がつまらない/飽きたと感じる10の理由と転職するタイミング!
ばにら営業部長
今回は仕事がつまらないと感じて転職したい場合の解決策を案内するよ

何年も仕事をしていたら仕事に飽きてしまいます。

毎日同じことばかり繰り返して自分の思考も停止してロボットのようにただ作業するだけの環境に飽きてしまうことは誰でも同じです。

しかし仕事に飽きたからといってすぐに会社を辞めるわけにもいきませんよね。

仕事のモチベーションを維持するのは難しいことです。

しかし仕事に魅力を感じなくなり他の仕事を考えるようになったら思い切って辞めるという選択枝もあります。

仕事を辞めて自分のやりたいことに挑戦するのは勇気が必要です。

新しい挑戦はチャンスと捉えて仕事を辞める決意も必要です。

結論として仕事がつまらないと感じた時は新しい挑戦をする時期だと考える事ができます。

年齢や勤務年数にもよりますが状況を変えたいなら早い方がチャンスも大きいと言えます。

フリーランスとして自分でやっていくのか転職してやりたい仕事に再就職するのかは人によって違います。

挑戦できるのは現状を変えたいと思った時だけです。

この記事では仕事に飽きて辞めたい人が新しい挑戦をする勇気を持つ事ができます。

管理人の8回転職して起業もした経験から新しい挑戦が大事な事も理解できます。

人事経験者がコンサルタントだと転職アドバイスも安心ですよね。

コンサルタントは全員人事経験者。リクルート、楽天、国内最大手リサーチ会社等での人事経験者が在籍しており、20代、30代の人事経験者の転職支援に強みを持っています。

このコンテンツでわかること

  • 仕事に飽きるのはなぜ
  • 仕事がつまらない理由10選
  • 転職するタイミング

仕事に飽きてしまう理由は何?

誰でも仕事になれてくれば飽きてくる時期があります。

なぜ仕事に飽きてしまうのかといえばあなたが仕事に慣れて仕事ができるようになったからです。

でも仕事ができることが当たり前になってくれば毎日同じことばかりしていることに慣れてしまい飽きてしまいます。

わかりやすく言えばゲームと同じです。

全てクリアすれば急に楽しさがなくなり他のゲームをしたくなります。

ゲームのレベルがアップしていき最高レベルまで到達すればもう目指すところがありません。

仕事も同じでレベルが上がれば仕事が簡単にできて作業が単調に感じるようになります。

仕事の初心者だった頃を思い出して見てください。

あなたは全ての仕事に一生懸命で仕事に対してすごくモチベーションがあったと思います。

仕事がつまらないと感じる10の理由

仕事がつまらなくなったと思う10の項目
毎日同じことばかりで飽きる
仕事の時間がとにかく長く感じてつまらない
仕事に夢中になれなくてつまらない
仕事が面白くなくてつまらない
仕事の全てが流れ作業でつまらない
望んだ仕事ではないためつまらない
職場環境が悪くてつまらない
仕事に全く興味がなくてつまらない
仕事に対するモチベーションがなくなった
他の仕事に興味があり今の仕事がつまらない

このように仕事に飽きた、つまらないと感じる項目はたくさんあります。

人によっても違うし職種によっても違います。

しかし自分に当てはまるものがあれば現在自分が悩んでいることのヒントになります。

漠然と悩んでいるよりも明確になるのではないでしょうか?

毎日同じことばかりで飽きる

毎日同じことをする仕事であれば飽きるのも早いですよね。

このような人は仕事はできていますが新しく挑戦するような項目がなくつまらないと感じてしまいます。

解決策は何か新しいことを見つけて挑戦することです。

今までのルーティンではなく、何か目標を決めて目標に向かって取り組むようにしましょう。

仕事の時間がとにかく長く感じてつまらない

面白くない仕事は、早く時間が終わらないかと考えてしまいます。

そのため時間が立つのが遅くなかなか終わりません。

好きなことはすぐに時間が経過しますが嫌いなことは時間の経つのが遅く感じます。

嫌いなことは時間を決めて時間までにどれだけできるか挑戦することで目標ができてやる気もUPします。

仕事に夢中になれなくてつまらない

仕事に夢中になれないのは他にやりたいことがあるからです。

何か他にやりたいことがあれば仕事に集中力がなくなり夢中になれません。

解決策は新たな挑戦をすることです。

今あなたがしている仕事で新しい挑戦ができるのであれば取り組むことで解決できます。

仕事で新しい取り組みができなければ夢中になれる仕事も考えた方が良い場合もあります。

仕事が面白くなくてつまらない

仕事が面白くないのは興味がないからです。

仕事を覚えて新たな挑戦がなければ面白くなくなります。

解決策は仕事で目標を見つけることです。

それができないなら目標がもてる仕事を探しましょう。

今の職場で目標がもてる仕事が見つからなければ仕事を変わるチャンスだから転職も視野に入れましょう。

仕事の全てが流れ作業でつまらない

仕事にもよりますが流れ作業が嫌であれば流れ作業をしなければ良いのです。

今までの部署ではなく配置転換を希望してはいかがでしょうか?

配置転換できないような会社の場合は仕事を変わる事も考える必要性があります。

その場合は同じ職種以外を探さなければ同じ失敗をします。

望んだ仕事ではないためつまらない

元々は自分の望んだ仕事ではない場合には面白くなくても当然です。

仕事がなくやっと就職した場合はすぐに辞めるべきではないです。

なぜなら他に就職できる見込みが少ないからです。

解決策は考え方を変えて今の仕事の良いところを書き出してみましょう。

書き出して見れば良いところも見えてきます。

それでもダメなら思い切って仕事を変わりましょう。

ただし同じ仕事は選ばず違う職種に転職する事をおすすめします。

職場環境が悪くてつまらない

これは自分の問題よりも周りの問題です。

しかし周りが悪いとばかり考えてしまうのは時期相応です。

自分が変わってみて職場の環境を変えてみるのが得策です。

自分が変われば自然と周りも変わります。

それでも環境が変わらなければ早く他の仕事を探した方が賢明かもしれません。

仕事が嫌になったからと言って無断欠勤をしてはいけません。

無断欠勤することで周りに迷惑がかかります。どれくらい迷惑かは下記の記事でどうぞ。

仕事に興味がなくてつまらない

仕事に興味がなければ興味がもてる努力をするしかありません。

一生懸命やってみて興味がないと感じれば早く他の仕事を探した方が正解です。

しかし興味がもてる仕事を探せるのかわかりませんよね。

解決策は隙間時間で勉強して資格を取得して興味がもてる仕事に就職できるよう努力する事です。

時間はかかりますが無闇に転職して時間を浪費するよりも効率は良いと思います。

仕事に対するモチベーションがなくなった

仕事のモチベーションがなくなるのは目標が明確ではないからです。

目標が明確ではない場合はモチベーションがなくなります。

解決策は明確に目標を立てるためにどうなりたいのかを考える事です。

ちなみに管理人は欲しいものを最初にピックアップします。

欲しいものを手に入れるにはいくら稼ぐのか明確になりモチベーションがUPします。

自分の心が動くものにフォーカスすればモチベーションはUPします。

どうしてもモチベーションが上がらなければ独立してフリーランスが良いかもしれません。

モチベーションがなければ絶対に無理だからです。

他の仕事に興味があり今の仕事がつまらない

あなたが他の仕事に興味があって今の仕事がつまらないのであれば一刻も早く仕事を辞めて興味のある仕事をするべきです。

その仕事ができるかどうかは別の話ですが、もしできるのであればすぐにでも転職することをお勧めします。

興味のある仕事が資格が必要だとか勉強しなければ無理な場合は時間がかかります。

その場合は今の仕事で頑張ってお金を貯めて勉強すれば数年後にはチャンスが掴めるかもしれません。

期限を決めて挑戦するために必要なお金をためるために今の仕事を頑張るというような目標もできますよね。

その目標に向かって仕事をすれば充実します。

期限までに頑張る理由ができて新しいことに挑戦する準備期間も作れます。

仕事に飽きても転職するタイミングはいつ

転職した体験談「管理人」編

管理人は過去に何度も転職し短いものは3ヶ月で会社を辞めました。

転職理由は自分の思った仕事ではなかったからです。

営業職を希望していましたが最初の数年は見習いで営業以外の雑務や流れ作業が必要と言われました。

その会社は営業とは程遠いと感じ3ヶ月で退職しました。

管理人は何度も転職しましたが辞めると決めたらすぐに会社を辞めて転職をしていました。

良いときもあれば失敗する時もありましたが考えてグズグズしていれば何もできないまま現状を変えることはできません。

その時の同期は10年以上勤務していましたがずっと流れ作業のままでした。

転職した管理人は倍以上の収入を得る事ができました。

同期は同じように辞めると言っていたのに結局新しい挑戦ができずに現状を変える事ができなくて燻っていました。

他にも色々ありますが長くなるので割愛しますが現状を変える事ができるのは自分だけです。

今を変えたいなら変われるチャンスは自分で作る必要があるのです。

今やらなければずっと同じまま変わることはできません。

転職するタイミングのポイント

  • 仕事を辞める時は即行動する
  • 考えた方が良いのは資格が必要な時
  • 行動しなければ何も変えることはできない

管理人は何度も転職しました。

管理人が転職を8回しているのは何度も失敗をしているからです。

しかし今考えれば転職したから今があるのだと思います。

理由は転職していなければ今頃は暗い人生を送っていたと思うからです。

だから仕事がつまらないと感じている人は転職を考えることは悪いことではありません。

上司や友人、親などに相談してもみんな綺麗事ばかりで転職を勧めることはあまりしません。

なぜなら人は変化を嫌うからです。

今と違う環境になることは勇気が必要です。

できれば波風立てずに今のまま平穏に過ごしたいと思いますよね。

最終的に自分のことは自分で責任を持つしかないのです。

だから本当に自分で真剣に考えて決めたのであればそれがあなたの進べき道です。

仕事を辞めても次がないと思った時に解決する方法は3つありますので気になる方はこちらからどうぞ。

転職を考えてるTwitter民の声

https://twitter.com/musubinainai/status/1306063030493442049?s=20

興味がない、人間関係で悩んでいるなら仕事を変わる方が精神衛生上も良いと思います。

でも今を変える勇気が必要です。

現状を変えて転職するなら慎重に考えてから行動しましょう。

仕事を辞めて転職するポイント

転職経験8回の管理人がおすすめする転職のポイントは興味があるのかないのかということです。

いくら転職すると言っても興味がなければまた同じことの繰り返しです。

管理人も全く違う職種を経験しましたがどうしても興味が持てなくてすぐに退職した事もあります。

転職する条件で重要なことは興味が持てるのかどうかです。

自分の持てる能力、資格などを判断して興味が持てる仕事を教えてもらえる転職エージェントなどは有効です。

転職を考えるなら人事経験者がコンサルタントしてくれると安心です。

コンサルタントは全員人事経験者。リクルート、楽天、国内最大手リサーチ会社等での人事経験者が在籍しており、20代、30代の人事経験者の転職支援に強みを持っています。

人事のことを知り尽くしたコンサルタントであれば転職もスムーズになるかもしれません。

仕事がつまらなければ自分で変わるしかありません。変化しましょう。

転職以外でも独立してフリーランスになる方法もあります。

いきなり独立が無理なら最初は副業から始める方法もありますので気になる方は下記の記事で確認してください。

まとめ

仕事がつまらないから辞めるというのは立派な理由です。

決して悪いことではありません。周りがなんと言おうと決めるのはあなた自身です。

自分のことは自分が1番熟知していますよね。今のまま何年も燻り続けるよりも新しい環境を手に入れてモヤモヤから晴れた気分に変化させましょう。

決して転職だけが良いわけではありませんが現在の状況を変えるのであれば転職することも悪くないということです。

自分に嘘をついて生きるよりも自分に正直に生きた方が楽しい人生が遅れると思いませんか?

20代、30代の人事領域経験者に特化した転職エージェント。リクルート、楽天、国内最大手リサーチ会社等で人事を経験したコンサルタントが丁寧にサポート致します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事