pickup
マイナス思考をプラスに変える3つの方法で仕事できない自分と決別!
ばにら営業部長
いつもマイナスなことを考える。何をしてもマイナス思考で仕事ができない

こんなお悩みにお答えします。

これは管理人が20年間の営業経験で挫折してもプラス思考で問題解決をしてきた方法です。

マイナス思考だと「できない理由を探します。」しかしプラス思考だと「どうすればできるのか」を考えます。

マイナス思考の時は失敗を恐れて出来ない理由を探します。

でも失敗を恐れることは普通のことです。

ばにら営業部長
誰でも失敗はしたくありません。

しかし失敗を恐れて先に進まなければ成功することもできません。

マイナス思考は自分で自分の可能性を否定することです。

マイナス思考の原因は小さな成功をしていないからです。

プラス思考/ポジティブ思考を身につけるには小さな成功を積み重ねることが重要です。

どのようにして小さな成功を積み上げてマイナス思考をプラス思考/ポジティブ思考に変えるのかをご案内します。

このコンテンツでわかること

  • マイナス思考をプラス思考/ポジティブ思考に変える方法
  • ポジティブに考えることを習慣化する方法
  • 小さい目標をクリアして成功体験をする方法

マイナス思考をプラス思考に変換する方法

マイナス思考とプラス思考の人の違い

マイナス思考の人は全ての物事に対して最初にできないことを考えます。

例えば、大きな仕事を任された場合に「それは自分には無理」「やったことがないからできない」など最初から否定します。

やってもないことを「自分はしたことがないからできない」と思い込んでいます。

誰でも初めてのことは怖いものですよね。

なぜなら「できるかわからない」からです。

ばにら営業部長
やったことがないことは不安です。しかしマイナス思考とプラス思考の人はここが違います。

やる前から「できない」と否定してしまうのはマイナス思考の考え方です。

しかしプラス思考の人は「どうすればできるのか」を考えます。

できないこと」より「できること」から考えて取り組みます。

もちろん初めてのことであれば失敗もするかもしれません。

ポジティブでプラス思考の人は失敗を恐れるよりも成功することを強く思えるのです。

マイナス思考の人とプラス思考の人の違いはこの考え方ができるかどうかです。

マイナス思考の人とプラス思考の違いは以下の通りです。

  • マイナス思考の人はできないことを考える
  • プラス思考の人はどうすればできるのか考える

マイナス思考を改善するには全て反対のことを考える

マイナス思考で悩んでいる人はプラス思考の人とどう違うのか理解できたと思います。

ではマイナス思考をプラスにするためには「つい考えてしまうことを全て反対に考える」ことを意識しましょう。

先ほども述べたように「できない」と思った時は「できる」と考えましょう。

これは簡単な事ではありません。

今まで長年蓄積した自分の考えを変えることは至難の技です。

しかしここで無理だと考えることこそマイナス思考なのです。

マイナス思考を変えたければ意識を変える必要があります。

ばにら営業部長
管理人も昔はできないと考えていたけど「成功プログラムを勉強して考え方が変わったよ」

常にポジティブなことを意識することでマイナス思考を潰していきます。

  • できない ➡︎ できる
  • 無理 ➡︎ やってみる
  • わからない ➡︎ 理解するまで調べる
  • 時間がない ➡︎ できる時間を確認する
  • 難しい ➡︎ 簡単なことからやってみる
  • めんどくさい ➡︎ やれば楽しいかも
  • 疲れた ➡︎ 楽しかった

上記のようにマイナスのことを思ったら全て反対のことを考えるのです。

できないと思っても「できるかもしれない」と思って物事に取り組むことで前向きになります。

やる前から「できない」と自分にマイナスの呪文をかけて仕舞えば本当にできなくなります。

しかし「できるかもしれない」と思って取り組めばアイデアが生まれて物事を解決する力がつきます。

ばにら営業部長
管理人は営業新人の時に営業ランキングで1位を獲得するために「できる」と自分に言い聞かせて取り組むことで新しいアイデアが生まれて結果的に1位を何度も達成できました

自分で「できない」と考えたら「できる」に変換することを意識しましょう。

できることを意識するコツは以下の通りです。

  • プラスの言葉を口に出して言う
  • 見えるところに書いて常に確認する
  • できることから取り組む

上記の3つのことを意識して取り組むことが重要です。

ポジティブに考えることを習慣化する

マイナス思考を改善するにはポジティブに考えることを習慣化しなければなりません。

上記で解説した「できることを意識」するのは大変です。

理由は人は簡単に自分を変えることができないからです。

でもマイナス思考を変えたければ努力する必要があります。

簡単に変わる方法などはありません。

ポジティブなことを意識するには習慣化が必要です。

習慣化するには繰り返すしかありません。

繰り返すとはプラス思考を意識して言葉、書く事、全てを繰り返す事です。

最初は苦しい事です。

それでもやり続けるにはモチベーションが必要です。

モチベーションを維持するには明確な目標が必要です。

マイナス思考をいつまでに辞めるのか明確に書いて見えるところに貼って常に意識する必要があります。

ポジティブ思考を習慣化するコツは以下の通りです。

  • ポジティブ思考を習慣化するのは繰り返すこと
  • 繰り返すにはモチベーションが必要
  • モチベーションを維持するには明確な目標が必要

成功体験を繰り返す事で楽しくなる

成功体験を繰り返す事で目標をクリアする事が楽しくなります。

モチベーションを維持するのに効果的です。

最初から難しい大きな目標を設定しない事が重要です。

最初は超簡単なことから取り組んで楽しみながらクリアしていく事が重要です。

例えば「大きな仕事を依頼された場合」

  • 仕事の計画書を作り小さな目標を作る
  • 大きな仕事の中で小さな目標を作ってひとつづつ達成していく
  • ひとつの目標を達成する事で楽しくなる

小さな目標を作り達成していく事で小さな成功をクリアしていきます。

小さくても目標を達成したらすごくモチベーションが上がります。

もっと分かりやすく言えば以下のようなものがあります。

  • 子供の頃に初めて自転車に乗れた時
  • 免許を取得して初めて車を運転した時
  • 欲しい車を買った時
  • 欲しいスマホを買った時
  • 試験で合格した時

他にもたくさんありますが、欲しいものを手に入れた時などは成功したのと同じです。

手に入れるために努力したりお金をためたりと努力しますよね。

そして手に入れたら成功したことになります。

目標を達成するための方法についてもっと詳しく知りたいと言う方は下記のリンクからどうぞ。

仕事の目標が高すぎて達成できない!目標をクリアする3つの方法

小さな目標を繰り返し体験する事が重要です。

何度も成功体験をする事でポジティブに捉える事ができるようになります。

まとめ

マイナス思考をプラスに変えるのは至難の技です。

それは今までの自分の考えを変えることは苦痛が伴うからです。

しかしマイナス思考を変えたければ自分自身で乗り越える必要があります。

そのためにはまずプラス思考の人がどのように考えているのかを知る必要があります。

プラス思考の人は常にできることを考えています。

マイナス思考の人は「できないこと」を考えますがプラス思考の人は「どうすればできるのか」を考えて行動します。

そこが最大の違いです。

プラス思考になるために常にポジティブである必要があります。

ポジティブに考えることを習慣化しなければ何もできません。

常にポジティブに考えるにはプラス思考を繰り返すしかありません。

プラス思考を繰り返し考えるには成功体験をするしかありません。

小さな成功を繰り返す事で大きな成功は手に入ります。

成功と言ってもすごい事ではありません。

小さな成功は身近な事です。

今までできなかった事ができるようになれば成功です。

小さなできないことができるようになるな事で繰り返す事で自信がつきます。

この状態を意識して繰り返していく事でポジティブな考えが身についてきます。

管理人が20年間の営業経験でポジティブになれた原因は小さな成功を繰り返しただけです。

できない事ができるようになればモチベーションが上がります。

モチベーションが上がれば楽しくなりできない事が簡単になります。

これがマイナス思考をプラス思考に変える原動力です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事