pickup
仕事で同じミスばかり繰り返す理由と解決方法!

いつも仕事で同じミスばかりして周りに迷惑をかけてしまう!

ばにら営業部長
そんな失敗ばかりする自分をどうにかしたい!

そんな悩みを解決します。

結論から言えば仕事で同じミスばかりする人はなぜミスしたのかを理解していないからです。

頭ではわかっているつもりでも実際には本当にミスした原因を理解していません。

あなたはミスした原因を徹底的に調べて失敗の原因を詳しく書き出していますか?

ミスした原因を書き出したノートを見返して反省していますか?

それが出来ていなければ同じミスをするリスクがあるのです。

この記事でわかることはミスを繰り返す原因とミスしなくなるための解決方法が理解できます。

  • 仕事で同じミスをしない方法
  • 同じミスを繰り返す理由

仕事でミスをしなくなる方法

ミスしない人のマネをする

ミスを回避する1番の近道はミスしない人を徹底的に観察してなぜミスしないのかを確認してマネをすることです。

ミスばかりするあなたは自分流ではミスをします。

だからプライドが許さなくてもミスしない人のマネをすることが最も効率的にミスを減らせます。

営業歴が長い管理人もそうでしたが実績があればプライドが邪魔して他人のマネをするのに抵抗があります。

しかしミスをした場合に劣っているのは自分です。

そんな時はつまらないプライドは捨てて仕事ができてミスが少ない人がどのようにしているのかを観察しましょう。

観察してマネをしてみれば自分と何が違うのかを理解することができます。

最初は真似してみて自分のものにしていくことでオリジナルのミスしない仕事をすることが可能になります。

  • 仕事でのつまらないプライドは捨てる
  • ミスしない人を観察してマネをしてみる
  • 最初はマネでも自分のオリジナルになる

ミスした時の反省ノートを作る

あなたはミスをした時にミスした内容をノートなどに書いていますか?

ミスして反省するだけなら再び同じミスを繰り返してしまいます。

同じ失敗をしないために必須なのはなぜミスをしたのかを書き出しておくことです。

ミスをした原因をノートの書き出すことでミスすることを回避するための明確なノートを作りましょう。

ミスした反省ノートの書き方

  • ミスした原因をノートに書く
  • ミスした原因と反省を書く
  • あとで見ることが出来るようにわかりやすく書く

優先順位を決めてミスを回避する

ミスを繰り返さないためには優先順位を決めて仕事に取り組むことでミスを回避できます。

優先順位を決める理由は優先順位を考えることで過去のミスも思い出すからです。

仕事の優先順位を確認する段階でミスしそうな仕事も確認できます。

そこでミスを書き出したノートを確認してミスすることなく仕事を完結出来るように計画できます。

最初はいちいちノートを見るのは面倒臭いと思います。

しかしこの作業を繰り返すことでミスする原因を熟知するためノートを見なくてもミスを回避出来るようになります。

  • 優先順位を決めればミスするポイントもわかる
  • 少しの時間を使うことでミスを回避できる
  • 何度も繰り返すことでミスを意識できる

優先順位の決め方がわからない方は下記のリンクを先にご覧ください。

仕事の優先順位がつけられない!簡単に出来る優先順位をつける方法!

同じミスを繰り返す理由

仕事のミスや失敗を反省していない

仕事でミスを繰り返す大きな原因はミスしたことを反省していないからです。

ミスを単なるミスとしか考えなければまた同じミスを繰り返してしまいます。

しかしミスを反省して対策を講じれば同じミスをすることはなくなります。

ばにら営業部長
同じミスばかりするのは本当に反省して対策していないからです

ミスの原因を理解していない

ミスをしてもミスした原因を考えて対策しなければミスの原因は理解できません。

これは反省していないため対策もしなければ原因も理解できません。

一度ミスをしたら簡単なミスでもきちんと原因究明しなければなぜミスしたのかが曖昧になります。

ミスを繰り返さないためにははっきりしたミスの原因を理解して対策をする必要があります。

ばにら営業部長
小さなことでもミスした原因を考えて対策を考える必要があります

ミスの改善をする行動をしていない

同じミスを繰り返す人はこの行動をしていないことが原因です。

失敗やミスを曖昧なままにしていると必ず同じミスをします。

ミスしないようにミスの原因をノートに書き出して対策を考えて何度も見直すことで同じミスを減らすことができます。

同じミスばかりして周りに迷惑ばかりかける人はこの行動ができていません。

少しの時間と面倒臭い作業が必要ですがミスしない対策をする行動ができていないとまたミスをします。

ばにら営業部長
ミスを防ぐための行動をしなければミスを減らすことはできません

まとめ

仕事のミスは誰にでもあります。

しかし一度のミスで2度とミスをしない人もいます。

同じミスをしない人はミスを反省して原因を追求しミスした理由を理解します。

2度と同じミスをしないように。

何度も同じミスをする人は反省をせずミスした原因も曖昧なまま放置しています。

そして何度も同じようなミスをしてしまいます。

同じ人間だから大きな違いはありません。

唯一の違いはミスしない人はミスを反省して原因を追求して対策をしているだけなのです。

同じミスばかり繰り返してしまう人は原因を明確にしないため忘れてしまい同じミスを繰り返します。

ミスをしない人とする人の違いは反省して原因を明確にして対策をするかしないかです。

同じミスばかりする病気が原因の場合をのぞき反省せずに対策をしなければ同じミスを繰り返します。

管理人は昔はそんな人間でした。

ミスしても真剣には反省せずに曖昧なまま再び同じようなミスをしてしまう。

そして落ち込んで反省するけど原因を明確にせずに再び似たようなミスをしていました。

しかしノートにミスした原因を明確に書くことでミスした原因を明確にして意識的にミスを防ぐことが可能になりました。

ノートに書き出すことで常に意識できミスする前にミスしない対策ができるようになりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事