pickup
仕事でミスした!怖くて上司に報告できない場合の3つの解決方法!
ばにら営業部長
こんにちは管理人の「ばにら営業部長」です!

仕事で何度もミスして怒られていると上司に報告するのが怖くなってきますよね。

ミスした事が幻であって欲しいとさえ思ってしまうものです。

しかしミスした事実は消す事ができません。そこでミスを隠蔽しようか報告しようか迷ってしまいますよね。

通常は仕事でのミスはすぐに報告するのが常識です。

しかしいつもミスして怒られてばかりだと上司が怒る姿がリアルに蘇ってとてもじゃないけど報告できないと思ってしまいます。

このコンテンツではそんなあなたに仕事でミスして会社や上司に報告するのが怖くてたまらない場合の3つの解決策をご案内します。

このコンテンツでわかる事

  • 上司が怖くてミスを報告できない理由がわかる
  • 上司にミスを報告できない時の解決策がわかる
  • 管理人が過去に報告ミスで失敗して悩んだことがわかる

会社で仕事のミスをしたら報告しないのか?報告して怒られるのか?最終判断は自分自身です。

上司が怖くてミスを報告できない理由

上司に報告すると怒られる事がリアルに想像できるから

会社や上司にもよりますが仕事でミスした場合に激怒して怒り散らす上司がいます。

上司が怒り散らせば周りの迷惑になるし、自分もガクブルで報告したくなくなるのは当然です。

ハッキリ言ってパワハラ気味の上司さえいますがミスを告白することには勇気が必要ですよね。

でも怒られると分かっていれば報告する勇気が出ないのも事実です。

何度も何度も怒られていれば怒られる事が超リアルに想像できてしまいます。

怒られる事がリアルに想像できれば報告したい訳がありませんよね。

それは上司にも原因があります。

こんな上司は叱責することと怒鳴り散らすことが違うことを理解していない人間だと思いましょう。

自分が怒られることが周りにバレて迷惑もかかる

仕事のミスを上司に報告する事で怒られることは仕方がありません。

しかし周りに迷惑がかかり同僚や先輩から白い目で見られるのが怖い人もいます。

上司に怒られることで周りの人が迷惑する事が耐えられない場合は上司よりも周りが怖くてミスを報告できない場合もあります。

また後輩にたちに怒られる姿を見られたくなくて報告をためらってしまいますよね。

ミス報告が怖くて何と報告して良いか分からない

またどのように報告すれば良いのか分からない場合は報告したくありません。

ミスした事実で怯えてしまっている上に報告までしたら何を言って良いのか分からないから報告できません。

重大なミスだと解雇の可能性もありビビりまくってしまいどのように報告すれば良いかわかりませんよね。

心の中では皆分かっています。すぐに報告しなければ大変なことになると。

しかし分かっているけど何をどう言えば良いのか分からないため怖くて報告できないのです。

ポイント

  • 怒られる自分がリアルに想像できて怖くて報告できない
  • 周りに怒られている事がバレて迷惑もかかるため報告できない
  • 報告するのが怖くて何と報告して良いかわからない

上司にミスを報告できない時の3つの解決策

① 報告するかしないかは二者択一で決める

会社で仕事のミスをした場合は上司に報告しなければなりません。

理由はあなたが自分で全ての責任をとる事ができないからです。

そこで上司にミスを報告する事が求められますが報告するのか報告しないのかは自分の中では二者択一以外にありません。

  • ミスを反省して上司に報告して怒られる
  • ミスを報告せず隠蔽して黙っておく

あなたはこのどちらかしかありません。どちらを選びますか?

1つだけ言えることはどちらを選んでも最終的に責任を逃れることはできません。

仕事でミスをした原因はあなた自信だからです。

例えばあなたが隠蔽していて他の人がミスの犯人にされたらその人は責められます。

それを見ていてあなたは責任を感じますよね。

ばにら営業部長
ミスを隠していたら他の人にも迷惑になるよ

こんなことなら自分が告白しておくべきだったと。

しかし今更自分がミスしたなんて言えませんよね。

ミスを報告せずに隠蔽すればこんなことだって起きてしまう可能性があります。

だからすぐに報告する事が二者択一では求められます。

② ミスを報告するために勇気を出せる7つの手順

ミスを報告するためには勇気が必要です。その勇気を出すための手順をご紹介します。

 最初はなぜミスをしたのか具体的な原因を分析します。

ミスには必ず原因があります。全て分析する事で単純なことから重大なことまで把握できます。

ミスした原因がわかれば自分で修正できるのか考えることが可能です。

 自分の力で修正が可能であれば報告する必要はない

自分ですぐに解決できるものは上司に言う必要はないものです。

ミスを分析する事で対策ができるものはすぐに修正すれば問題も大きくなりません。

このような場合は報告する必要はありません。

 自分の力では解決できないもの周りに迷惑がかかることを報告する必要があります。

ミスが自分では解決できない場合は自分で解決が不可能なことを理解しましょう。

まずは同僚や先輩に経緯を話して相談しましょう。

 1人では解決できないことも同僚や先輩の知恵や力で解決できるものも多いものです。

そして同僚や先輩に相談しても無理なものは必ず上司に報告するように促されます。

自分1人では怖くて隠蔽してしまいそうでも周りに相談することで報告するよう促されるので隠蔽することはできなくなります。

 ミスを隠蔽できなくなれば報告する体勢が整います。

ここまで来れば同僚や先輩も味方です。あなた1人ではありません。

ミスをしたと言う秘密を知っている人はあなたの仲間です。

代わりに報告してくれる優しい人もいるかもしれません。

ばにら営業部長
代わりに報告してくれる人はチクる人とも言うけどね!

⑥ ミスを修正するための解決策を考える

上司に報告した時にミスした理由と具体的な解決策を考える事で怒られたあとのことまで考えておきます。

理由はミスしたら必ず修正が必要だからです。

ここまで来ればあとは上司に報告して怒られるシュミレーションをするだけです。

上司に怒られることを何度もシュミレーションすれば実際に怒られた時のショックが和らぎます。

 いつも怒られていればリアルに怒られるシュミレーションができると思います。

かわいそうなのは今まで一度も怒られたことがない人が初めて怒られる時の方が、あなたの数倍の恐怖だと言うことです。

怒られることに慣れていれば免疫力があります。

勇気を持ってミス報告ができる7つの手順

  • なぜミスしたのか原因を分析する
  • 自分で修正可能か考える
  • 自分では解決できないことを認識する
  • 先輩や同僚に相談する
  • ミスした事が隠蔽できない状況を作れば報告する体勢が整う
  • 報告後に修正するための解決策を考える
  • 上司にミスを報告するシュミレーションをする

③ ミスの報告で怖いのは最初の7秒間だけ

最初にミスを報告することに最も勇気が必要!

これは誰でも同じことですが最初の一言がなかなか言えません。

ミスして怒られに行くのであれば尚更です。

最初のミスをしたと言う報告をする間の約7秒間が最大の難関です。

このミスをした事実を伝えれば、バトンは上司に渡せます。

あとは上司が怒って煮るなり焼くなりお好きにどうぞと思っておきましょう。

上司に報告した時点で怒られるのは想定内です。

そのために何度も怒られるシュミレーションをしているのだからもう大丈夫です。

最初に報告してしまえば8割は解決しています。

あとはミスの反省と解決策を相談すれば良いだけなのです。

仕事でミスして怒られた時の気持ちの切り替え方はが知りたい場合はこちらのコンテンツで解決します。

管理人が過去にミス報告で失敗したこと

営業の仕事を始めた頃は今と違って上司には必要最低限のことしか教えてもらえず見様見真似で仕事を覚えました。

たまに仕事を教えてはもらえますがすぐに書かないと覚える事ができません。

理由は上司は自分のペースで説明するから新人にはさっぱりわからなくてついていくのがやっとなのです。

ばにら営業部長
仕事を覚える時は書く。又は、スマホ撮影がOKなら動画に保存しよう!

そんな状況から何度も聞くと怒られていたため同じことは何回も聞けずに仕事がわからず良く怒られていました。

その頃はパワハラなど関係なく机を蹴られながら恐怖で怒るような感じだったので、同じ失敗をしたときにヤバイと思い、ついつい嘘の報告をしてしまいました。

その場は凌げるのですが後日クライアントから連絡がありミスが発覚してしまいました。

とっさについた嘘が大問題になったのです。

怒られる事が恐怖のあまり嘘の報告をしたのが原因です。

結局、本当のミスを報告せず嘘をついてしまった事でクライアントに迷惑をかけて信用をなくし会社にもバレて報告して怒られる何倍も怒られてしまいました。

この時は最終的に始末書だけで終わりましたが重大なミスはすぐに報告しなければ関係する人全てに迷惑をかけてしまうのです。

上司が怖くても報告するべきことは報告が必要です。

他にも小さなミスはたくさんありますが自分で解決できないようなミスはすぐに報告することで早めに解決する事ができます。

現在ではどこの会社にもパワハラ上司は少なくなりましたが上司はいずれはいなくなる人間です。

管理人は怒られるたびにいつも思っていました。いつか見ておけよ!と言う思いがモチベーションになるのです。

上司はいずれ何も言わなくなり定年になれば立場も変わります。そんな上司は必ず言いすぎたことを反省しているのではないでしょうか。

まとめ

会社の仕事でミスをして報告が必要な時に報告できないのは上司が怖いからです。

上司に’報告して怒られる事が怖くて報告できないし周りにも迷惑がかかるからミスしたことをすぐに言えなくて悩んでいる人も多いものです。

ミスが重大であれば報告することも何をどのように報告すれば良いかわからないですよね。

ミスの報告をしたいけどできない場合は3つの解決策があります。

① それは報告するかしないかを自分で決めること

② 報告するためには勇気が必要なため勇気を出す手順を理解すること

③ 上司にミスを報告するのは最初の7秒間で8割り完了する

これがわかれば報告する事に恐怖心がなくなります。

管理人も過去に報告で大失敗してしまいました。

仕事でミスした場合は自分で解決できるものは自分で修正するので報告しなくても良いです。

しかし重大なミスなど自分では修正できない場合は上司に報告しなければなりません。

それが例え怖くても勇気を出してミスしたことを素直に報告するしかないのです。

このコンテンツは勇気を出してミスが報告できる手順を記載していますので理解して実行すれば今悩んでいることの解決の糸口になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事