pickup
やっぱり後悔する?退職引き止めで揺らぐ気持ちの原因と解決策
  • 現在、退職を引き止められていて気持ちが揺らいでいる
  • 転職が決まっているのに引き止められて迷っている
  • 上司の話を聞いて退職しない方が良いか心が揺らいでいる
ばにら営業部長
こんな悩みにお答えします

退職を願い出て上司から何度も引き止められたら正直迷いますよね。

何度も転職を経験した管理人の私も説得されて退職するのが間違いではないのかと気持ちが揺らいだことは何度もあります。

しかし確実に言えることは引き止めで残った場合は後悔すると言うことです。

上司に引き止められて気持ちが揺らぐのは退職意志が弱いからです。決意して退職を願い出たのであれば妥協して会社に残ることで後悔します。

そこでこの記事では退職引き止めで気持ちが揺らぐ原因と解決策を徹底解説します。

この記事を書いた人
ばにら営業部長
私は8回転職してキャリアアップしました
  • 何度も引き止められましたが全て退職しました。
  • 迷ったこともありますが退職して正解でした。
  • 現在はキャリアアップして信頼を得ています。

記事の内容と読むメリット

  • 退職引き止めで気持ちが揺らぐ原因と解決策がわかる
  • 引き止めで気持ちが揺らぎやすい人の特徴がわかる
  • 退職しないメリットとデメリットがわかる
  • 退職した場合のメリットとデメリットがわかる

結論として引き止めで気持ちが揺らぐのは退職意志が弱いことが原因です。現状維持の方が楽だけど後悔しないためには退職することが最良の選択です。

退職を引き止められて気持ちが揺らぐ原因と解決策

退職引き止めで気持ちが揺らぎやすい人の特徴と対処法

退職に限らず全てにおいて気持ちが揺らぐ人には同じような特徴があります。

下記の表は気持ちが揺らぎやすい人が退職する場合に対処する方法です。

揺らぐ人の特徴退職で揺らいだ場合の対処法
日頃から優柔不断→なぜ退職するのか明確にしておく
何事も曖昧な返事→何を言われても退職の意思だけははっきり言う
意志が弱く左右される→退職理由を明確に書き出せば意思が強化される
自分で物事を決めれない→退職だけは自分で決めると誓う
他人の話に流される→明確化した退職理由を確認する
自分に自信がない→過去の成功体験を思い出す
物事を最初から諦める→やってみたら意外にできると気が付く

気持ちが揺らぐ人は同じような特徴があるので自分に当てはまれば上記の対処法を意識してください。

上司から退職引き止めされて気持ちが揺らぐ原因

上司に退職を引き止められて気持ちが揺らぐ原因は上司の言葉の信憑性が高いからです。

自分よりも経験が長く今の会社の良いところも悪いところも知っている人間から会社に残った方が良いと説得されれば気持ちが揺らぐのは当然です。

しかし実際はあなたにとって会社に残るメリットは少なく会社に居づらくなり最終的に辞めるのがオチです。

上司から下記のような退職のメリットとデメリットを言われたら気持ちが揺らぎますよね。

上司が言う退職した場合のあなたのデメリットは以下のようなものです。

  • 今辞めれば今まで努力したことが無駄になる
  • 今辞めればまた最初から仕事を覚える必要がある
  • 3年勤めれなければ次の仕事も続かない
  • 今の会社より待遇が悪くなる
  • お前を雇ってくれるとこは少ない

上司が言う退職しない場合のあなたのメリットは以下のようなものです。

  • 実は幹部候補だからもう少しいた方が良い
  • 3年頑張れば給料も上がる
  • 君は優秀な社員だからこのままいれば出世する
  • 会社に言って待遇を改善してもらう
  • 昇進を考えていたからもう少しいた方が良い

これ以外にも上司が引き止めする説得材料は多くありますがメリットについては口約束が多く実現する可能性は低いのが現実です。

上司によって違いはありますが引き止める原因は上司があなたに退職されたら困るからです。

上司が困るのは自分の都合である場合が多く、あなたを説得して会社に残れば上司にメリットはありますがあなたが得することはありません。

上司のメリット

  • 人手不足なので引き止めて残れば無駄な労力が減る
  • 退職させないことで自分の管理能力が評価される
  • 説得できる意志の弱い人間だと扱いやすい

人手不足が原因で退職を引き止められて悩んでいる人は下記の記事を読むことで辞めることに勇気が持てます。

今や常識!人手不足で仕事やめさせてくれない場合に退職代行で辞める方法!

あなたのデメリット

  • 一度退職を伝えたら会社には居づらくなる
  • 辞めようと思った仕事をまたやるのは辛い
  • 意志が弱い人間だと判断されて次も引き止められる

このような上司の引き止めを解決するのは強い退職意志を示すことです。何を言ってもダメだと感じれば上司も諦めます。

退職引き止めにはいろんなものがあります。退職を引き止められた時の対処法まとめ!と言う記事で退職引き止めのまとめましたのでどうぞ。

先輩や同僚からの引き止めで心が揺らぐ原因

意外に厄介なのが先輩や同僚からの引き止めです。

これはあなたのことを真剣に考えて引き止めていることも多く断りづらく本当に辞めて大丈夫なのかと気持ちが揺れ動きます。

しかし先輩や同僚はあなたが退職するのが寂しかったり仕事上で困るから引き止めるのです。

ここは気持ちを受け止めつつもキッパリと退職の意思は示す必要があります。

ここで曖昧な返事をすれば人間関係にヒビが入ったり、お互い気まずくなるので辞める理由をはっきりと説明することが重要です。

このように上司や先輩/同僚から退職を引き止められる場合ははっきりと退職の意思を示し言葉で伝える必要があります。

うまく退職の引き止めを断れないと思う場合は下記の記事で上手な断り方を解説していますので先に読むとわかりやすいです。

退職引き止めの上手な断り方/上司から同僚まで13タイプを徹底解説!

退職引き止めで心が揺らぐ場合の解決策

上司や先輩/同僚などから退職することを引き止められた場合に心が揺らぐ場合の解決策は以下の通りです。

  • なぜ退職しようと思ったのかを明確に書き出す
  • 会社を辞めなかった場合の3年後の自分を想像する
  • 転職して新しい仕事をしている自分を想像する
ばにら営業部長
紙に書き出して明確化すれば揺らぐ気持ちがはっきりします

引き止めで気持ちが揺らいだ時の解決策はシンプルです

最初にやめようと思ったきっかけがあるはずです。それを具体的に書き出して目で見えるようにします。

退職する気持ちになった理由が書くことによって明確化され気持ちがブレなくなります。

そして退職しなかった場合の3年後の自分を想像してみてください。

出世した輝かしい自分が想像できれば辞めないほうが良いですがそうでなければ期待できない将来です。

最後に転職して現在と違った環境でイキイキと張り切っている自分が想像できれば揺らぐ気持ちが変わります。

要はあなたがなぜ退職したいのかを明確にすることで退職意思は強くなり気持ちが揺らぐことはなくなります。

退職しなかった場合のメリットとデメリット

退職しないメリット

あなたが引き止められて退職しなかった場合はどのようなメリットがあるのでしょうか?

考えられるメリットは下記のようなものがあります。

退職しないメリット

  • 今と変わらず安心して仕事できる
  • 現状維持は何も変わらないけど楽
  • 慣れ親しんだ人間関係を維持できる
  • 新たに仕事を覚える必要がない
  • 退職引き止めにあわなくて済む
ばにら営業部長
何も変わらないのがメリット

退職しなかった場合は今までと変化のない日常を過ごすことがメリットです。

ただし一見すると変化がないように見えますが一度退職を申し出ている場合は周りの見る目には変化があります。

退職しないデメリット

引き止められて退職しなかった場合のデメリットはかなり大きいと言えます。

一度退職を願い出ているにも関わらず引き止められて会社に残った場合は想像以上に辛い現実が待っている場合もあります。

退職しないデメリット

  • 退職しなければ現状を受け入れるしかない
  • 一度辞めるはずの仕事をすることは想像よりも辛い
  • 辞めずに会社に残れば人間関係がギクシャクすることも
  • 辞める可能性がある人より真面目な人が優遇されるので辛い
  • 退職すると言って残った場合は他人の目が気になる
  • 上司によっては退職しようとしたことで裏切り者扱いする
ばにら営業部長
退職引き止めに失敗すれば辛い現実が待っている

退職しなかった人が全て当てはまるわけではありませんが会社に残ったばかりに辛い状態が続く人にとってはかなりのデメリットです。

Twitterでは退職引き止められて残った人のデメリットがツイートされています。

どうしても退職を言い出せないと言う人は退職代行で確実に退職することが可能です。

退職引き止めがしつこくて会社に行くことさえ嫌になった人は退職代行サービスで辞めることがおすすめです。

しかしどこの退職代行を選べば良いのかわからないと思いますので下記のランキングをまとめたのでそちらをご確認ください。

退職代行サービスおすすめ

100サイトを徹底調査!おすすめの退職代行サービスランキングTOP7

上記の記事で人気の退職代行ランキングトップ3をご紹介します。

ランキング1位の労働組合のSARABA

退職代行SARABA公式ホームページはこちら

ランキング2位の老舗のニコイチ

退職代行サービスニコイチ公式ホームページはこちら

ランキング3位は労働組合のJobs

退職代行JOBS公式ホームページはこちら

退職した場合のメリットとデメリット

退職した場合にどんな世界が待っているのかメリットもデメリットも含めて退職したからわかる動画を先にご覧ください。

動画は猫が会社員として働く会社を辞めてよかったのかと言うことが描かれているアニメです。

出典:フェルミ研究所

管理人の私はこのアニメのような感じで仕事を辞めてキャリアアップをすることができました。

退職するメリット

退職を引き止められても退職した人のメリットは新しい世界に挑戦できることです。

新しいことを始めるのは勇気が入りますが成長するチャンスでもあり年齢が上がれば体験できないことです。

退職するメリット

  • 今まで知らなかった新しい世の中がわかる
  • 新鮮な気持ちで新たな挑戦ができる
  • 新しい人間関係は良い刺激になり幅が広がる
  • 新たな仕事で出来る人間になる可能性がある
  • 引き止めを乗り越えれば成長できる
ばにら営業部長
退職引き止められても退職した場合のメリットは大きい

退職を引き止められて嫌な思いをしても新しい挑戦ができることのメリットは大きいものです。

退職するデメリット

退職した場合のデメリットは新しいことに挑戦することが怖い人にとっては大きな不安を抱くことです。

また転職先が決まっていない状態で退職した場合は再就職ができるか不安だと思います。

退職するデメリット

  • 全てが未知なる挑戦になる
  • 再就職で前の会社がよかったと思う可能性がある
  • 新しい人間関係があわない可能性がある
  • 出来る人間から新しい仕事では出来ない人になる可能性がある
  • 退職後に再就職が決まらず後悔する可能性がある
ばにら営業部長
退職して失敗する場合はこんなデメリットがある

退職を引き止められても退職した人は新しい挑戦が失敗した場合に大きなデメリットになります。

しかし退職せずに諦めて後で後悔するより退職して失敗したほうが何度でも挑戦ができます。

管理人の私は8回転職しましたが退職して失敗したと思ったこともあります。焦って就職し他ところがブラック企業だったこともあります。

その体験談を書いた記事をリンクしましたので気になる方は下記からどうぞ。

仕事辞めても後悔しないで転職する方法「転職失敗談もレビュー!」

まとめ

退職を引き止められて気持ちが揺らぐ原因はあなたの退職意思が弱いからです。

上司や先輩/同僚から引き止められた場合に自分の意思を貫けずに会社に残った場合は後悔する可能性が高いと言えます。

理由は退職を取りやめても今まで通りにはやっていけないからです。

そして周りからも退職しようとした噂が広がれば居づらくなって結局辞めてしまうことにもなります。

一度退職をすると決めて退職を告げた場合は何を言われても退職意思を貫くことで退職引き止めも諦めてくれます。

もしあなたがどうしても退職の引き止めを断れそうにないと判断した場合は最初から自分で退職を願い出れない方法もあります。

それは最初から退職代行サービスで退職すると言うことです。

少し前までは「退職代行クズ」などの検索が多かったのですが現在では辞める方法の一部になっています。

昔は上司にLINEで報告など非常識だと言われていましたが現在ではLINEで報告も常識ですよね。

それと同じで退職代行サービスも多くの方が常識として認識しています。

退職代行を使う場合は現在の職場の人間関係が無くなっても問題なければ使うことに何ら問題はありません。

それよりもはっきりとはめることがお互いのためになるのではないでしょうか?

退職代行サービスおすすめ

100サイトを徹底調査!おすすめの退職代行サービスランキングTOP7

上記の記事で人気の退職代行ランキングトップ3をご紹介します。

ランキング1位の労働組合のSARABA

退職代行SARABA公式ホームページはこちら

ランキング2位の老舗のニコイチ

退職代行サービスニコイチ公式ホームページはこちら

ランキング3位は労働組合のJobs

退職代行JOBS公式ホームページはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事