pickup
もう無理!退職は電話でも出来るの?電話も無理なら退職代行もあり?
  • 会社に行きたくないので電話で退職できるか知りたい
  • 電話で退職を伝えたいが怖くてできない
  • 電話で退職する時の言い方がわからない
ばにら営業部長
こんな悩みにお答えします。

会社を退職するのに上司に電話するのは勇気がいりますよね。実際に会って話すよりも数倍緊張する場合もあります。

あなたが本気で辞めたくて会社に行けない理由がある場合に電話で退職の意思を伝えることは可能です。

しかし、いざ電話するとなると怖気ずいてしまい怖くて電話もできない人もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では電話での退職の伝え方や電話さえ怖くてできない場合の退職方法など具体的にご案内します。

この記事を書いた人
ばにら営業部長
私は8回転職してキャリアアップしました。
  • 何度も引き止められましたが全て退職しました。
  • 迷ったこともありますが退職して正解でした。
  • 現在はキャリアアップして信頼を得ています。

この記事の内容と読むメリット

  • 退職が電話だけでできるのかがわかる
  • 電話で退職を伝えるときの言い方がわかる
  • 退職するのに電話もできない時の対処法がわかる

結論

電話で退職を伝えることはできるが引き止められる場合は自分で対処する必要があります。本気で退職したいなら誰にも会わずに退職代行で辞めることがベストな選択です。

今すぐにでも仕事を辞めたい場合は人気の退職代行で早く辞めることが可能です。下記にランキングトップ3の公式ホムペをご紹介します。

ランキング1位は労働組合のSARABAです。

退職代行SARABA公式ホームページはこちら

2位は老舗のニコイチです。

退職代行サービス退職代行ニコイチ公式ホームページはこちら

3位は労働組合JOBSです。

退職代行JOBS公式ホームページはこちら

会社に行かずに電話で退職する方法

最初に結論から言えば電話で退職の意思を伝えることは可能です。

しかし退職届は郵送で提出する必要があります。電話でできることはあくまでも退職の意思を伝えることです。

電話で退職する方法
  • 電話で退職するには上司に電話して退職の意志を伝える
  • 電話する時間帯は上司がゆっくりする時間帯が良い
  • 会社ではなく携帯電話に電話する(無理なら会社でもOK)
  • 単刀直入に退職したい旨を伝える
  • 退職を伝えたら退職届を郵送する

上記の流れで電話で退職の意思は伝えられます。そして退職届を郵送して上司が認めれば受理してもらうことは可能です。

電話で退職する場合のポイントは下記のことに気を付ける必要があります。

  1. 上司に電話して退職する意思を伝えた場合に必ず引き止められることは覚悟しておく必要がある
  2. 上司がゆっくりする時間帯は午後が多く昼休み明けか3時頃がベスト。でもあなたの上司がゆっくりな時間帯はあなたが1番よく知っているはず。忙しい時間帯ならイライラしてる可能性がある
  3. 会社に電話すれば他の人に退職したいことがバレるため携帯に電話するのがベスト
  4. 最初に挨拶したら単刀直入に退職したい意志を伝えることが重要
  5. 退職の意思を伝えたら出社できる状況ではないため退職届は郵送で送ります。と伝える。

電話で退職する場合は会社に行けない事情があることが理由ですが理由によっては電話することが怖いと感じる人もいます。

電話で退職したい理由
  • 病気で出社できない
  • 家族の介護などで出社できない
  • 会社の人間関係が嫌で出社できない
  • 無断欠勤が続いていて出社できない
  • 上司が怖くて出社できない
  • 精神的に会社に出社することができない

この理由の中で電話することが怖いと感じるのは上司が怖い場合や無断欠勤が続いている場合などです。

そんな場合は電話しようにも電話する勇気が必要ですよね。すぐに電話できるなら悩むことはないですから。

電話すら怖くてできないから悩んでいるのです。

ばにら営業部長
会社に電話することさえ怖い場合は電話しないこと

では会社に電話せずに退職するにはどうすれば良いのかといえば最初から退職代行に頼むことです。

退職代行に依頼することで会社に出社することなく退職ができるのは怖くて会社に行けない人にとっては救世主です。

世の中では退職代行クズなどと批判的な人がネットで投稿していますがあなたの気持ちがわからないためです。

本当に会社に行けない場合は退職代行を使うことは今や常識になってきています。

決してクズがすることではありません。

なんでも同じことですが最初の頃は否定的な人が多いものです。

例えば現在はマスクをすることが当たり前になっていますがコロナが流行る前は接客業はお客様に失礼だからマスクするなと言われていました。

でも今はマスクしない方が非常識だと認識されますよね。それと同じで今や退職代行で辞めることは退職する一つの形として常識になっています。

ばにら営業部長
最初はアンチが多くても常識になればアンチは消える

さっきほども触れましたが上司が怖い人や嫌な人で出社するのが嫌な場合は嫌な上司をスルーできる!ネガティブなあなたも実践可能な11の対処法!を先にご覧ください。

ばにら営業部長
会社に行きたくないのは必ず理由があります

また現在無断欠勤中で会社に電話することも怖くて出来ない方は無断欠勤で会社に電話するのが怖い人は3つの方法で解決できる!をご覧ください。

電話で退職する場合の言い方/電話の仕方

退職する場合に会社になんと電話すれば良いのかわからないと言う方は下記の電話の掛け方でスムーズに上司と話すことができます。

自分の病気が原因の場合

あなた
お疲れ様です。私の病気のためご迷惑をおかけしています。
上司
◯◯君、体調は大丈夫なの?
あなた
お気遣いありがとうございます。ところで課長に大事なお話があります。
上司
なんだね?困ったことがあればなんでも相談しなさい
あなた
ありがとうございます。それでは早速ですがこのままではご迷惑をかけるために退職させていただきますがよろしいでしょうか?
上司
ちょっと待て!いきなり退職とは急すぎるけど理由はなんだ?
あなた
急な話で驚かれたと思いますが前々から考えていました。理由は長期の休みでご迷惑をかけた上にこのままではさらにご迷惑をかけるからです。
上司
理由はわかるが休職でもいいんじゃないか?退職しなくても。
あなた
お気遣いありがとうございます。しかし現状を考えれば休職しても解決できないために退職することを決意しましたのでどうか退職届を受理してください。お願いいたします。

このように丁寧に上司に自分の気持ちを伝えることで上司も聞く耳を持ってくれます。

ポイントは退職をお願いするのではなく退職することを決めて電話をすることです。

人間関係が嫌で会社に行けない場合

あなた
お疲れさまです。◯◯課長◯◯日付けで一身上の都合で退職させていただきます。今までお世話になりました。
上司
な、何をいきなり言ってるんだ?どうかしたのか?話してみなさい

ここでポイントは人間関係が嫌とは言わずに当たり障りのない理由で退職することを伝えます。その理由は引き止めを阻止するためです。

あなた
はい、私の元々の夢だった仕事の勉強をするために退職を決意しました。今しかチャンスもなくここで退職いたします。今までありがとうございました。
上司
夢だった仕事ってなんだ?勉強するなら仕事しながらでもできるからもう少し頑張ってみたらどうだ?
あなた
大変ありがたい御言葉ですが仕事をしながら勉強などはできません。そのために辞めて勉強するために退職を決意したのです。
上司
だから何がしたいのか話してみなさい?できる相談はするから詳しく話してみなさい。
あなた
ありがとうございます。しかし他人に話すほどのことでもありませんし退職することは家族にも話して納得してもらいました。あとは退職をするだけなので急ではありますが今までお世話になりました。

上記は会社の人間関係が嫌で退職したい場合の電話をする時の言い方です。

上記の会話は一見すると噛み合ってないように見えますが言葉の中心に必ず退職するという強い意志があるため何を言われても丁寧に拒否して退職する意志を示しています。

ポイントはここも退職をお願いするのではなく退職することを決めたので今までありがとうございました。と過去形にして伝えることです。

退職をしたいのですが?と伺いを立てれば「なぜ?」と返されて引き止められます。

しかし退職を「決意しました」と退職することをすでに決めたことを伝えるのであれば心理的にも引き止めしづらくなります。

どうしても電話で退職を伝えた場合に引き止められる場合は上手く断る方法を解説した記事を読めば引き止められた場合の断り方がわかります。

退職の電話をするのが怖い場合に退職代行で辞める方法

退職代行は辞めることが難しい人のための方法

退職するのに電話で退職を伝えたいと思っても電話することさえ怖くて出来ない場合は退職代行で辞めることでスムーズに退職できます。

先ほども言いましたが退職代行で辞めることは今や退職する方法の一部になっています。

少し前まで言われていた退職代行で辞める人はクズだと言う考えはすでに古く、退職代行は認知された退職の仕方になっています。

その証拠に退職代行業者は100社以上あり、かなりの数の人が退職代行を使ってキッパリと会社を辞めています。

ばにら営業部長
退職代行サービスはすでに広く認知されたことで転職エージェントで転職することと同じくらい普通のサービスです。

現在では退職代行サービスを使って退職することは何ら恥ずかしいことでもクズがすることでもありません。退職するカタチとして有効な手段です。

ここで会社に出社することができずに電話することも怖くて出来ない場合に退職代行に依頼して退職することであなたの悩みも一気に解決します。

悩んでいろんなことを考えてしまうのであれば多少の料金が掛かっても退職のプロに任せれば今の嫌な気持ちも消えて胸を張って新しい世界に進めます。

退職代行サービスの平均的な料金

退職代行の料金が心配な方もそこまで高い料金ではないため心配は不要です。

退職代行の平均的な料金は2万〜3万円が多く弁護士が運営する場合は少し高めの5万円前後が多くなります。

あなたが会社と交渉が必要で後々のことも心配であれば弁護士が運営する退職代行の方が安心ですが、そうでなければ労働組合や老舗退職代行に依頼しても問題ありません。

例えば退職することに半年間悩むなら3万円の料金で退職代行に頼んだとすれば1日約165円の金額で退職できることになります。

1日約165円で退職できる!

3ヶ月の場合でも1日約330円程度です。数ヶ月も悩んで無駄な時間を過ごすのであれば退職代行に退職を依頼して早く新しい職場に転職した方が良いと思いませんか?

退職代行で辞めるメリット
  • 退職代行は今や退職の方法と認識されている
  • 退職代行の料金は1日あたり165円程度だから高いわけではない
  • 色々と悩むよりも退職代行で辞めて先に進むことが最大のメリット

しかし退職代行と言ってもどの業者を選べばいいのかわからないと思います。

そこで当100万ブログが調査した下記のランキングが参考になります。このランキングはネット上に記載されている退職代行ランキング100サイトを調査して上位7位までをピックアップしました。

100サイトを徹底調査!おすすめの退職代行サービスランキングTOP7

退職代行で実際に辞めた人の声

実際に退職代行で会社を退職した人は相当数います。なぜなら退職代行サービス業社が100社以上ある現状を見ればビジネスとして成り立っていることが利用者が多いことを証明しています。

しかし実際に退職代行を使って辞めたい場合にいろんな不安がありますよね。

  • 退職代行に頼めば本当に会社の誰とも話さずに辞めれるのか?
  • 退職届や離職票のやり取りはどうするのか?
  • 退職代行の料金は妥当なのか?
  • 退職代行で辞めて会社と揉めることはないのか?

このような不安があるのは当然のことですよね。そこで実際に退職代行で辞めた人がどうだったのかを動画で語っているものをいくつかピックアップしました。

まず最初にご紹介するのが退職代行で辞められている会社側の人事担当者が退職代行について実際はどうなのかということを解説しています。

この会社は年に1から2人くらい退職代行で辞めていて慣れています。退職代行で辞めた方がスムーズだと言っています。

約7分程度の動画ですが実際に退職代行を使って辞めた場合に会社側がどうするのかがわかります。

下記の動画は当ブログで何度もご紹介している「えのき」さんという方が退職代行JOBSで退職する前の心境と退職後の動画です。

どちらも長めの動画ですが退職実行前のリアルな緊張感が伝わります。

出典:福岡フリーランスエンジニアえのき

下記の動画は退職後の感想と退職代行JOBSにインタビューをしています。動画は約44分とかなり長めですが退職代行の内容が具体的にわかります。

出典:福岡フリーランスエンジニアえのき

詳しくは退職代行JOBSの公式ホームページをご覧いただければわかると思います。下記にリンクしていますので悩んでいる方はご覧ください。

退職代行JOBS公式ホムペはこちら

このように退職代行で辞める人は年々増えています。常識になる日も近いのではないでしょうか?

Twitterでも退職代行で辞めた人がどのようにしたのか語っていますので確認してみましょう。

退職代行で辞めた人は意外に多いものです。数年前はまるで犯罪者扱いだったけど最近は同情する声も多くなっているように感じます。

すごいパワハラや、めっちゃとんでもない上司や先輩がいるような職場なら辞めたくなるのも当然ですよね。

そこで辞められない状況で悩むくらいならお金を払ってでも早く退職した方が精神的にも良いですよね。

まとめ

最終的なまとめとしては会社に行くのも嫌な場合は電話でも退職の意思は伝えることは可能です。

しかし退職届を送付したり離職票を送ってもらったりと書類上のやり取りはする必要があります。

退職するための電話をするコツは退職をお願いするのではなく、退職する事を決めた上で退職しますと伝えることです。

お願いしたら断られる可能性が高いため、退職を自分で決めて報告をすると言った感じの誠意ある対応で電話することです。

電話で退職の意思を伝えようとしても電話をするときに怖くて出来ないと思う人は中途半端に電話せず最初から退職代行に依頼することも立派な退職方法です。

多少のお金はかかりますが会社に行くことなく退職できることは精神的に大きなメリットですよね。

デメリットとしては会社の人間とは付き合いがしにくくなることです。退職後も会社の人と付き合いを保ちたいなら自力で辞めることをお勧めします。

しかし会社を辞めて会社の人とは付き合いすることがない場合はデメリットは少ないと言えます。

今すぐにでも仕事を辞めたい場合は人気の退職代行で早く辞めることが可能です。下記にランキングトップ3の公式ホムペをご紹介します。

ランキング1位は労働組合のSARABAです。

退職代行SARABA公式ホームページはこちら

2位は老舗のニコイチです。

退職代行サービス退職代行ニコイチ公式ホームページはこちら

3位は労働組合JOBSです。

退職代行JOBS公式ホームページはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事