pickup
仕事できない人とできる人の21の違い!つらくて辞めたい時の対処法
ばにら営業部長
仕事できない自分とできる人は何が違うのか?仕事が辛くて辞めたいけどどうしようか迷っている

こんなあなたのお悩みにお答えします。

仕事ができない人は怒られます。

仕事で失敗ばかりして周りに迷惑をかけてばかりだと自分が嫌になりますよね。

自分はなぜこうも仕事ができないのかと自信がなくなります。

この記事では仕事ができる人とできない人はどこが違うのかを深堀して解説します。

仕事ができない事に悩んで感情的に仕事を辞めるのではなく一度冷静になって考えてみてください。

仕事を辞めて転職しても同じ状況になれば意味がありません。

転職は仕事ができる人になれるようになってからでも遅くありません。

この記事は過去8回転職してキャリアアップした管理人が過去に悩んで解決したことを記事にしています。

ばにら営業部長
どんな人も生まれ変われる!あなた次第です。

この記事でわかる事

  • 仕事できない人の特徴
  • 仕事できる人の特徴
  • できる人間になるコツ
  • 転職デビューする方法

もくじ

仕事ができない人の21の特徴

仕事ができない人の21の特徴
仕事の優先順位を付けれない1
目標が高すぎる2
マイナス思考3
思い込みが激しい4
言い訳ばかりする5
同じミスを繰り返す6
チームの輪絵を乱す7
時間が守れない8
約束が守れない9
最終確認をしない10
愚痴ばかり言う11
仕事の反省しない12
気が利かない13
基本的に自己中14
指示事項をすぐにしない15
すぐにサボる16
仕事が雑17
モチベーションがない18
集中力がない19
すぐにテンパる20
仕事の手順を理解していない21

仕事の優先順位がつけられない人

仕事を焦るあまりどれから手をつけて良いかわからず手当たり次第に仕事をする

優先順位がバラバラなので効率が悪く時間がかかるため他人に迷惑をかけてしまう

優先順位がつけられないのは以下の通りです。

  • どれからすれば良いのか分からない
  • 途中で違うことをしてしまう
  • あとでも良い仕事をしている

優先順位の付け方

  • やることをリスト化する
  • 重要な事から順番をつける
  • 順番の中を急ぐ順に並べ替える

目標が高すぎる人

理想が高く仕事の目標が高すぎて現実的ではないのでモチベーションも上がりません。

自分の実力にあった目標にしなければ現実的ではありません。

漠然とした目標しかないため目標が高すぎるのです。

目標が高いのは以下の通りです。

  • 出来ない目標を立ててしまう
  • 明確な目標が立てられない
  • 目標が実力にあっていない

目標を設定するコツ

  • 自分ができることをリストに書き出す
  • ワンランク上のできる事を目標にする
  • 設定した目標をコミットする

マイナス思考すぎる人

全ての考えがマイナス思考で後ろ向きなことばかり考えていては新しい仕事ができません。

周りにもマイナスイメージを与えてしまう思考なので改善する必要があります。

マイナス思考は以下の通りです。

  • やる前に出来ないことばかり考える
  • 失敗を恐れて一歩が踏み出せない
  • 最初から出来ないと決め付けている

マイナス思考を改善するには

  • 失敗しても良い事からやってみる
  • 出来たら良いことだけ考えてみる
  • 何も考えず今すぐやることを習慣化

今すぐやる習慣はマイナス面を考えないための得策です。失敗なんて関係ありません。

思い込みが激しい人

思い込みが激しく間違っていても気がつきません。

よくあるのが早とちりしてしまい思い込みで周りに迷惑をかけます。

自分では感じていないため他人に言われて初めて気がつきます。

思い込みが激しい人の特徴は以下の通りです。

  • 物事を深く考えず勝手な想像で失敗する
  • こうと思ったら確認せずに突き進む
  • 客観的ではなく主観的に判断してしまう

思い込みが激しい場合のミス対策

  • 行動する前に他人の意見を聞く
  • 自分ではなく他の人を観察する
  • 何事も一度立ち止まり客観的に判断するチェックリストを作る

言い訳ばかりする人

仕事で言い訳ばかりしてしまう人は自分は悪くないと言う気持ちが強いため言い訳が出てきます。

言い訳すれば他の人にいつも言い訳ばかりすると思われてしまい信用を失います。

言い訳をする人は以下の通りです。

  • 自分の非を認めたくないから言い訳が癖になっている
  • 注意されると必ず「いや」「だけど」から答える
  • 自分を守るために反射的に言い訳をする習慣が出来ている

言い訳を直す方法は「いや」と言わない

  • 「いや」ではなく「はい」を意識して習慣づける
  • 言い訳しないことを意識するため毎日リストに書く
  • 言い訳している人を意識的に見て自分に置き換える

同じミスを繰り返す人

何度も同じミスを繰り返してしまう人も仕事ができないと思われます。

過去の反省がないため同じミスを何度もしてしまいます。

ミスばかりする人の特徴は以下の通りです。

  • ミスを反省していないのは他人のせいにしているから
  • 同じミスを2度としないとコミットしていない
  • ミスすることで他人に迷惑がかかる事が理解できていない

ミスを繰り返す場合の対策は書いてリスト化すること

  • ミスしたことを紙に書き出してリスト化する
  • ミスしたリストを毎日確認する
  • 2度とミスしないよう自分に反省文を書く

チームの輪を乱す人

チームで仕事をするときに自分の事だけ考えてチームの輪を乱す人も仕事ができないと思われます。

協調性がなく悪気はないのですが他の人に迷惑をかけてしまいます。

チームの輪を乱す人は以下の通りです。

  • 自己中なのに気がついていない
  • 自分の意見を主張して人のことは聞かない
  • 本当の信頼関係が構築できていない

チームの輪を改善する方法

  • 自分を客観的に自分を見てみる
  • 自己中心的か他人に聞いてみる
  • 他人が信頼できるよう話し合う

時間が守れな人

時間が守れない人も仕事ができないと思われます。

時間にルーズだと何事にもルーズになり信用を失います。

時間が守れない人の特徴は以下の通りです。

  • 約束時間の意識が低い
  • 時間の管理ができていない
  • 約束事やお金にもルーズになる

時間にルーズな自分を改善する方法

  • 時間管理を紙に書いて見えるようにする
  • 約束時間は早めに準備して待つ習慣を身に付ける
  • 常に時間を把握しておく

約束が守れない人

約束を守れない人も仕事ができないと思われます。

頼まれた仕事を平気で忘れてしまい約束通りできていない人は信用を失います。

約束が守れない人の特徴は以下の通りです。

  • 言われたことをすぐにせず忘れてしまう
  • 約束を軽く考えてしまっている
  • 約束を書いていない

約束を守れない自分を直す方法

  • 約束はすぐに手帳に書く「リマインダーでもOK 」
  • 約束リストを作り期日を設定する
  • 約束内容は具体的に書く

約束を守る重要性を理解するため約束リストは毎日チェックすることが重要です。

仕事の最終確認をしない人

最終確認をしない人はミスが多くなります。

いつもミスばかりすれば仕事ができない人だと思われます。

仕事の最終確認をしない人の特徴は以下の通りです。

  • 仕事ができたらそのまま終了する
  • 仕事が雑なためミスに気がつかない
  • いい加減な仕事をしている

最終チェックは3回する

  • 仕事の最終確認は3回すること
  • 仕事ができた時、見直した時、提出前の3回チェックでミスが減る
  • 簡単なことほどミスをするので全て確認する

愚痴ばかり言う人

いつも仕事の愚痴や上司の愚痴を言う人も仕事ができないと思われます。

仕事ができる人は愚痴は言いません。

愚痴ばかり言う人の特徴は以下の通りです。

  • 自分のことは棚に上げて人のことを言う
  • 自分のことはわかっていない
  • 人の良いところではなく悪いところばかり気になる

愚痴を言わない方法

  • 仕事や他人の良いところを探す
  • 人の事より自分の悪いところを探す
  • 愚痴を言えば自分も同じように思われていると思え

仕事の反省をしない人

自分のした仕事の反省をしない人は同じ失敗をします。

反省する事で仕事のレベルが上がるため必ず仕事の反省をしましょう。

反省をしない人は以下の通りです。

  • 自分のことばかり考えている
  • 仕事に責任感がない
  • 仕事を改善しようと考えていない

仕事の反省をする方法

  • 毎日の仕事内容を振り返る
  • 悪かったことを書く
  • 次に失敗しないように反省する

気が利かない人

仕事で気が利かない人も仕事ができないと思われます。

ちょっとした事で人が感動するようなこともあります。

気が利かない人は’以下の通りです。

  • 相手のことを考えていない
  • 他人のことを見ていない
  • 自分のことだけ考えている

気が利かないと言われたら

  • まずは相手のことを考える
  • 自分がされたら嬉しいことをする
  • 常に他人のためを意識する習慣を身に付ける

基本的に自己中

仕事で自分のことばかり考えている人も仕事ができないと思われます。

他人のことを考えず自分のことだけ考えて仕事すると迷惑をかけます。

自己中な人は’以下の通りです。

  • 基本的に自分優先で物事を考える
  • 他人の事より自分のこと
  • 自分だけ良ければ良いと言う考え方

自己中を改善する方法

  • 相手のことを考えるよう習慣づける
  • 客観的に自分を見る
  • 嫌われていることを理解する事から始める

指示事項をすぐにしない人

上司から指示されたことをすぐにしない人は忘れてしまい仕事ができません。

すぐにすれば簡単にできることも忙しさにかまけて後回しにすると忘れていまいます。

指示事項をしない人は以下の通りです。

  • 指示されたら後回しにする
  • 優先順位を決められない
  • すぐしないため忘れてしまう

指示事項をすぐにする方法

  • 言われたことはすぐにする習慣化をする
  • 優先順位の上位に入れてすぐに終わらせる
  • 指示内容の’時間を考えて早めに実行する

すぐにサボる人

時間ができたらすぐにサボる人も仕事ができません。

次の仕事は何をするのか考えずに休憩して何も考えないので差がつきます。

仕事をサボる人は以下の通りです。

  • すぐに他のことをしてしまう
  • サボることが癖になっている
  • 目標が明確ではない

サボり癖を直す方法

  • 目標の明確化
  • 休憩をする時間を決める
  • 目標達成ができたら休憩するご褒美を計画する

仕事が雑な人

全ての仕事がいい加減で雑な人も仕事ができません。

適当な仕事ばかりしていると信用がなくなります。

仕事が雑な人は以下の通りです。

  • 全ての仕事が適当
  • 仕事の最終確認をしていない
  • 集中力がない

雑な仕事を改善する方法

  • 目標を’明確化
  • 最終確認は3回行う
  • 時間を’決めて1つ1つクリアしていく

モチベーションがない人

全てにおいて大切なモチベーションがない人は仕事ができません。

明確な目標設定と計画でモチベーションUPに取り組みましょう。

モチベーションがない人は以下の通りです。

  • 仕事に明確な目標がない
  • 仕事が面白くない
  • 仕事を辞めたいと考えている

モチベーションがない場合の改善方法

  • 明確な目標設定をする
  • 仕事をする理由を考える
  • 仕事が辞めたいなら辞める事のメリットを考える

集中力がない人

仕事に集中力がない場合も良い仕事はできません。

良い仕事ができなければ仕事ができないのと同じです。

集中力がない人は以下の通りです。

  • 仕事のやる気がない
  • 明確な目標を持っていない
  • 他のことばかり考えている

集中力を改善する方法

  • 明確な目標を’立てる
  • モチベーションUPになることを考える
  • 適度な休みを取得する

すぐにテンパる人

すぐにテンパると仕事が捗りません。

焦ってしまいテンパってしまいます。

テンパる人は以下の通りです。

  • 周りが見えていない
  • 自分のことばかり考えている
  • 急な変化に対応できない

仕事でテンパらない方法

  • 周りを良く見る
  • 焦らない
  • 冷静に判断して手助けしてもらう

仕事の手順を理解していない人

仕事の手順を理解していない場合は良い仕事ができません。

仕事を始めたばかりの頃は手順がわからずうまくできませんが何年もできない人は手順が理解できていません。

仕事の手順が分からない人は以下の通りです。

  • 自分の仕事の順番が分からない
  • 何をして良いか理解していない
  • 先輩に聞いていない

仕事の手順を覚える

  • 先輩や上司に具体的に聞く
  • 他人の仕事を観察する
  • 最初は真似をしてみる

仕事ができるのはあなた次第

結論から言えば仕事ができるかできないかはあなた次第です。

なぜあなた次第かと言えば仕事の手順を十分に理解していないからです。

例えば何かを作ることが仕事であれば、最初に計画して材料を集めて下処理をして組み立てて仕上げまですれば完成です。

仕事は何でも基本的には同じだと考えましょう。

何かを作ることではなくても同じです。書類を作るのも一緒ですよね。

書類もただキーボードを打つだけでは何もできません。

何かを作成するのは最初に計画します。計画して何が必要かを調べて、それから書類作成をします。

でも最後に仕上げをして記述ミスや抜けがないか確認しなければいけません。

この最後の確認作業がなければミスしている可能性が高くなります。

自分ではなかなか気付きませんが他の人が見ればミスが目立ちます。

誰でもミスはします。ミスをしない人はいません。

しかし仕事ができる人は確認作業を徹底的にしています。

でもあなたは最後の確認作業が疎かになっていませんか?

上司から指示された書類を早く作成して急ぐあまりに最後の確認を忘れてしまい、大事な部分の記述をミスしていたら怒られますよね。

周りにも迷惑がかかります。あなたのせいで他の人の作業がすすみません。

しかし最後の確認作業をきちんとしていれば自分のミスに気がつきます。

冷静にチェックすることで人にミスを指摘される前に自分でミスに気がつきます。

当然、ミスに気がつけばすぐに修正できますよね。その時点では誰にも迷惑はかけません。

急ぐあまりに集中力が疎かになり確認不足でミスは発生します。

そして上司に怒られれば自分でも冷静ではなくなります。どこがミスかもわからなくなるほど焦ってしまいます。

そしてさらにミスが大きくなっていきます。これは悪循環ですよね。

このように仕事ができないのはあなたが仕事の手順を理解していないからです。

仕事には手順があります。

通常は計画して何が必要か下調べして作成して最終チェックします。

この手順は何でも当てはまります。あなたが仕事ができないと思っているのはこのどれかができていないだけです。

1つひとつ考えていけばあなたにもできることばかりです。

このように仕事の手順をきちんと考えて実行することで仕事ができる人にもなれます。これはあなた次第なのです。

仕事ができる人を観察する

自分が仕事ができなさすぎると思っているなら他の人と何が違うのかを冷静に分析してみましょう。

仕事ができる人がどのように仕事をこなしているのかをチェックしてみましょう。

仕事ができる人も実際にはあなたとあまり変わりません。

違うのは先ほど解説した仕事の手順がしっかりしているだけです。

仕事ができる人をよくチェックしていけば、時間を見つけてしなければならないことを常に実行しています。

1日の中で5分でできる簡単な仕事の積み重ねが大きな差を生みます。

あなたはそこを理解しておらず、しなければならないことが疎かになっていませんか?

時間を無駄に使ってしまっていませんか?

そんな仕事ができる人をよく観察すればあなたが実行していないことを多くこなしています。

そうすれば時間に余裕ができ最終確認も十分にできることなのです。

最初に十分な計画を練って効率よく仕事ができるようにしています。

そして1つの仕事ができればミスがないか確認しています。

ミスがあればすぐに修正できるため他の人には迷惑をかけません。

でもあなたはちゃんとした計画を立てずに時間に追われて的外れな作業をして時間がなくなり最終確認も中途半端にしてしまい仕事を終わらせます。

当然このような状況であればミスが多くなります。そして周りに迷惑ばかりかけてしまいます。

当然会社では上司に怒られてしまいますよね。怒られて会社が嫌になってきます。

そしてあなたばかり怒られるようになってしまいます。

仕事ができないのはあなただけではありません。

多くの方が自分は仕事ができないと悩んでいます。決してあなただけではありません。

みんな仕事ができないのではなく手順を理解していないだけなのです。

仕事の手順を十分に理解していれば仕事はできるようになります。

https://twitter.com/ffytf__2727/status/1264767942933143554?s=20

まとめ

仕事ができないと悩んでいるのであればまずは仕事ができない理由を探してみましょう。

あなたが仕事ができないと思うのは仕事が遅いことや、ミスばかりすること、他の人と比べて仕事ができないと言われることなどが積み重なっているのではないですか?

仕事ができる人とできない人の差はわずかな差でしかありません。

自分を客観的に見つめて何が違うのかをよく確認してみましょう。

きっとなぜ悩んでいたのかが不思議なくらい仕事ができる人間になります。

それでも仕事ができないと感じるのであればそこで会社を辞めるという選択枝を選びましょう。

そして新しい仕事では今のような自分にはならないように今のうちに自分を客観的に見ておきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事