pickup
仕事を辞めた!探しても見つからない時に対処する3つの方法!
ばにら営業部長
今回は仕事を辞めて新しい仕事が見つからないあなたに解決策を案内するよ!

仕事を辞めたらスッキリします。

でも勢いで仕事を辞めた場合に次の仕事を探さなければなりませんよね。

いざ仕事を探したら良い仕事がなく時間だけが過ぎてしまい焦ってしまいます。

しかし既に仕事を辞めていれば仕事を探す以外に解決策はありません。

そこでどのようにして自分で納得の行く仕事を探せるのかを実体験を元にご案内します。

管理人は過去に8回転職しました。

理由は自分のしたい仕事がなかったから実際に就職して辞めて再就職を繰り返した結果8回の転職をしました。

そこから転職に成功し自分のやりたい仕事を20年程やっています。

管理人が転職する上で何をどのようにしたのかを具体的に解説します。

また現在仕事をしている方で転職を考えている方は先に仕事辞めても後悔しないで転職する方法「転職失敗談もレビュー」をご覧ください

この記事では仕事が見つからず困っているあなたに過去の体験を元に対処する方法をご案内します。

この記事でわかること

仕事を見つけるために必要なこと

  • 仕事を辞めた理由を明確化すること
  • どんな仕事がしたいのか明確にする
  • 自分ができる仕事を明確にする

なぜ仕事を辞めたのか?

自分がやりたい仕事はなんなのか?

自分には何ができるのかを明確にすることで道筋が見えてきます。

仕事を見つける3つの方法は自己分析すること

なぜ仕事を辞めたのか明確に自己分析する

あなたが仕事を辞めたのはなぜですか?

そう言われたらすぐに答えられますか?

上司が嫌だったから、仕事が嫌だったから、給料が安いから、など色んな理由で仕事を辞めます。

自分がどんな理由で仕事を辞めたのかをまずは明確にして次に同じ理由で辞めなくて済むように考えなければ同じ失敗をします。

管理人は同じ理由で複数回転職していますが最初は勢いで辞めて失敗ばかりしました。

自己分析して辞めた理由を明確にすることで次の仕事で重視する点がわかります。

ポイント

  • 辞めた理由を明確にする
  • 自己分析で重視する点がわかる
  • 次の仕事を決める上で重要

どんな仕事がしたいのか自己分析する

やりたい仕事はなんなのかを具体的に考える。

あなたがしたい仕事はなんですか?と問われたら即座に答えられますか?

明確に決まってなければ就職も決まりません。

やりたい仕事を明確にするにはどんな仕事があるのか徹底的に調べる必要があります。

徹底的に調べて自分のやりたいと思う仕事を複数ピックアップします。

ここで重要なことはできるできないではなく「やりたい仕事」を探すことです。

ポイント

  • やりたい仕事を調べてピックアップする
  • ハローワークや転職情報で探す
  • ネットで情報収集する
  • できるできないよりもやりたい仕事をピックアップ

自分に出来る仕事を明確にする

やりたい仕事が決まれば自分がその仕事をやることができるのかを明確にします。

見つけた仕事が自分にできるのか?

やっていけるのかを調査します。

資格、仕事内容、時間、休日、給与などあらゆる角度で考えて判断することが重要です。

これは紙に書き出して明確に書くことで実際に自分にできるかどうかがはっきりしてきます。

ポイント

  • ピックアップした中からできる仕事を明確にする
  • 年齢、資格、時間、休日など仕分けする
  • 好きになれる仕事かどうか判断する
  • 就職できた場合に続けられるか考える

やりたい仕事がある転職の場合

既にやりたい仕事がある場合や、ピックアップした中にやってみたい仕事がある場合に採用条件がクリアできるのか見極めます。

例えばやりたい仕事が見つかった、もしくは元々やりたい仕事がある場合に資格が必要な場合があります。

あなたに資格がなければ資格取得する以外に解決策はありません。

その場合は焦って就職するのではなく完全に割り切って資格を取得しましょう。

収入については、繋ぎでバイトして資格を取得することを最優先することです。

ただし期限を切っていつまでに資格取得するか決めて取り組まなければダラダラとバイトをするため資格取得するタイムリミットを設定してください。

ばにら営業部長
ポイントは期限を切った資格取得だよ

管理人は8回転職しましたが中にはバイトをした期間もあります。

理由は必要な資格や勉強をする期間が必要と判断したため繋ぎのバイトもしました。

結局すぐに仕事が見つかり資格は取得しませんでしたが資格がなければできない仕事をしたい場合は資格取得は必須です。

資格が必須な場合は取得することも視野に入れよう

中には資格が簡単に取得できないようなものは専門学校などに入学してキャリアップを目指す人もいます。

その場合はバイトでつないで専門学校の夜間部などに通って資格取得すればキャリアップも狙えます。

年齢にもよりますがどうしてもやりたい仕事に資格取得が必須であればここまでする必要があります。

ポイント

  • やりたい仕事に資格が必要なら取得する
  • 資格取得のためにバイトで繋ぐには期限を設定する
  • どうしてもやりたい仕事なら徹底的に挑戦する

やりたい仕事がない転職の場合

経験のない仕事を選ぶ

やりたい仕事がない場合は自分が好きになれる仕事を選ぶことが正解です。

経験のない仕事でも好きになれそうな仕事であれば苦にはなりませんよね。

また待遇にも注目して休日や給与など仕事以外にもメリットになるものを確認します。

この場合は自分で探すと分からない部分もあるため転職エージェントなどで相談する方が良い結果が得られる可能性が高くなります。

経験のある仕事を選ぶ

経験がある仕事の場合は即戦力です。

今までと同じ職種であれば問題なく力を発揮できます。

経験のある仕事をする場合は仕事が嫌で辞めたと言うより人間関係や収入が原因で退職する場合が多く志望動機などが重要です。

同じ地域で同業種の職種は繋がりも多く、前の会社で退職した理由などバレていたりすることもあります。

その場合は地域を変えてみるなどの工夫も必要です。

ばにら営業部長
同じ地域の同業者は繋がりがあることが多く辞めた理由が重要!

ハローワーク求人や転職情報サイトで探す

仕事が見つからない場合は当然ハローワークや転職情報などで探すと思います。

自分のいる地域で探すならハローワークですが地域を限定せず仕事重視で探すなら転職サイトで探す方が効率は良くなります。

しかし自分にどんな仕事があっているのか分からない場合は第三者的に判断してもらった方が良い場合があります。

その場合は転職エージェントがおすすめです。

仕事を辞めたら次がないと思う場合は転職エージェントで探すことで世界は広がります。

まとめ

仕事を辞めて次の仕事が見つからない場合は決して焦らないことが重要です。

焦って就職すると失敗します。

仕事が見つからない場合は自己分析からすることで冷静な判断をすることが可能になります。

自己分析すればなぜ仕事を辞めたのか、自分に向いた仕事はどんなものか?などが明確になります。

やりたい仕事がある場合は採用条件が自分ではクリア可能なのかもはっきりできます。

やりたい仕事がなければハローワークや転職サイトで探すのもありですが転職エージェントに依頼するのも1つの手ではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事